最新記事

全ての記事を表示する


名脇役あっての主役 第3話

fukuoka.jpg
福岡三越6階時計サロン内ロレックスショップ

さてロレックスショップの名脇役たちを紹介し続けてはや3回目となりました。上の写真は今現在の正規店の様子です。うん、たしかにかっこいいですね。でもどこか冷たい感じもします。今日はまた古き良き時代のロレックスサインをご紹介しましょう。

まずは正規店に飾られていた絵をいくつか紹介しましょう。それぞれの絵を見たい方はクリックしてくださいね。大きくなります。一番左は1960年代に作成された絵で、Peclard氏のデザインです。誰かは知りません(笑)魚がサブマリーナを胴に巻いて得意顔をしていますね。とても可愛いです。

次に真ん中の絵ですが、作者はわかりません。年代は1955年ごろのものですね。金無垢のオイパペと各国の国旗が描いてあります。世界的な展開を始めたことがよほど嬉しかったのでしょうか。ちょっと微笑ましいですね(笑)

448.jpg450.jpg449.jpg

最後の一枚は Herbert Leupin氏のデザインで、1959年に作成されたものです。当時でもロレックスは高級品だったと思いますが、こんな絵が飾ってあるとなんだか緊張がほぐれますよね。実はこれロレ卿様の行っている人差し指ショット(HYS)の走りとして有名な絵ですね。実はロレ卿様はHerbert Leupin氏のご子孫であるとか?時計も右手に着けてるし(笑)

さてではディスプレイをひとつ。

164.jpg

鉢を使った珍しいディスプレイサインです。もちろん、防水機能を強調するために用いられたのでしょう。水の中でも正確に時を刻んでいます!という感じですかね。トンボがいることから、海ではなく、池などの淡水をイメージしているのでしょう。ということは、サブマリーナではなく、オイスターケースを誇示したかったのかな?とか思っちゃいますね。

変な言い方になりますが、この頃の販売店には人間味を感じてしまいます。今の正規店は高級感マックスで緊張しちゃいますね(笑)では今日はこのへんで。

665428542842568.jpg



テーマ : 腕時計
ジャンル : ファッション・ブランド

tag : Displaysign


名脇役あっての主役 第2話

66655544102524154.jpg


 勝手に第2話とかなっておりますがいつまで続くかわかりません。ネタが切れるか、飽きるかのどっちかでしょう(笑)現在のディスプレイはカッコいいのですが、どこか無機質な感じがしていけませんね。今日ご紹介するのは、またまた昔のディスプレイサインです。

まずはこちらですね。1960年代に使用されておりました。デイトジャスト用のサインです。デザインはもちろんデイトディスクを模しているのでしょう。奇数の数字が赤くなっておりますね。

表記をみてみましょう。”Calender Chronometer 100%waterproof selfwinding”カレンダー表示、クロノメーター規格認定、100%防水、自動巻となっております。完全非防水のフランク三浦とは大違いですね(笑)

354258.jpg

さてお次はこれです。こちらも1960年代のものですね。船を模しております。こちらは船絡みでサブマリーナかと思いきや、オイスターパーペチュアルの表示がなされております。デイトなしの所謂オイパペ用のサインっぽいですね。もちろんこれもかなり高額での取引となっております。

584132561435.jpg

最後はこちらです。これは珍しいと思いますよ。ロレックスのムーブメントが破裂したように、アクリルのキューブの中で散らばっております。台座には”The 157 Parts of the finest self winding watch in the world ”と記載されていますね。「157の部品からなる、世界最高の自動巻腕時計」とはなかなか自信満々ですね(笑)アクリルで固めてありますので、オーバーホールも必要無さそうです。

5554412541.jpg

本当にこうやってみていると昔の方がジョークを交えたり、モデルごとに飾ったりと、創意工夫を凝らしていたのだなと思います。ブランドイメージの確立も一朝一夕で達成できたわけではないということがよくわかりますね。1960年頃にはロレックスの本社も建て替えているようですね。今の社屋とはまた違ってこれも味がありますね。ではま今日はこの辺で。

66655452582.jpg


テーマ : 腕時計
ジャンル : ファッション・ブランド

tag : Displaysign


カテゴリ


日ロレメンテ情報
9995563OH.png

RQYm9X1382207271.gif
日ロレメンテ記録の記事一覧

情報提供したいという方へ
リンク

このブログをリンクに追加する

リンクに関する事や当ブログへの苦情などはこちらからお願いします。


QR
FC2 Blog Ranking
ファッション・ブランドジャンル
10位

腕時計ジャンル
1位

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
Sponsored link
よく読まれている記事