最新記事

全ての記事を表示する


JET STREAM・・・・ ロレックス&チュードル1957年編

89456845.jpg

遠い地平線が消えて、深々とした夜の闇に心を休める時、はるか雲海の上を音もなく流れ去る気流は、たゆみない宇宙の営みを告げています。満天の星をいただく、はてしない光の海をゆたかに流れゆく風に心を開けば、きらめく星座の物語も聞こえてくる、夜の静寂の、なんと饒舌なことでしょうか。

光と影の境に消えていったはるかな地平線も瞼に浮かんでまいります。あなたにお送りするロレックスの定期便・・・ジェットストリーム。皆様の時空間飛行のお供をするパイロットは私、えーすです。

01_201406212052070da.jpg

本日は1957年のカタログをご紹介します。1957年というと昭和35年で、この歳に生まれた方は今年で63歳ということになります。このカタログを0歳児が当時見ているとは思いませんので、20歳で見たという人がいたとすれば、今年で83歳です。ですので、今日のカタログを見て懐かしいと思う人は殆どいないでしょう。

03a.jpg

まずはデイトジャストです。1945年に登場していますね。日本では戦争が終わったときに、他国では「デイトジャストカッコえええええええ!」とか言っていたわけですね。なんだか羨ましい気もします(笑)

03b.jpg

デイデイトです。1956年に登場していますので、このカタログが作られた1年前に登場したことになります。このとき既にプレジデントブレスは出来上がっているのですが、まだカタログには載っていないようですね。

04a.jpg

初代ミルガウスです。Ref.6541が1956年に登場ですから、このときはまだピカピカの新製品ですね(笑)このプラベゼルをもつ初代ミルガウスには稲妻針とそうでないものがありますが、この写真をみるとどうも稲妻針ではないもののようですね。今では凄い骨董価値が付いているようです。

04b.jpg

サブマリーナです。ノンデイトですね。サブの初代は1953年ですからこのときはまだまだ新製品ですね(笑)

04c.jpg

コレはGMTマスターですね。コレも2年前に発売されたばかりです。今では定番といわれるモデルが発売されたばかりという、なかなか感慨深いですね。

04d.jpg

エクスプローラですね。エドモンド・ヒラリー卿がエクスプローラーを着けてエベレストを登ったと一般的には思われています。実際にはこのエクスプローラーの原型となる時計を着けていたということと、ヒラリー卿ではなく、同行者の方がつけていたというこの2つの事実はあまりにも有名ですね。

05a.jpg

現代では唯一のペットネームであるエアキングです。デイト表示のない潔さは当時からしっかりと受け継がれていますね。クロノメーター検定を受けていなかったものが一般的だと思いますが、この頃は通しているようです。近々ディスコンということで悔やまれますね。

05b.jpg

オイスターとオイスターデイトですね。この頃は金属ブレスとレザーストラップのラインナップだったようです。

06a.jpg

さて、チュードルエレガントです。この辺は良く分かりませんのでスルー気味で・・・(笑)

06c.jpg

オイスタープリンスです。コレは今でも名前が残っているモデルですね。ロレで言うところオイスター派生でしょう。

さていかがでしたでしょうか。今あるプロフェッショナルモデルが誕生して間もない頃のカタログでした。ある種感慨深いものだったのではないでしょうか。


テーマ : 腕時計
ジャンル : ファッション・ブランド

tag : カタログ JetStream



デイトナラバー化計画 完結編?

8945689462.jpg

何度このタイトルをタイプしたことでしょう。何度もebayからパーツを取り寄せ、何度もブレスレットを脱着し、取り付けできずに残されたパーツの数だけ涙を飲みました。本日の手段が私の知りうる最後の方法です。コレがだめならもう後はありません。まさに瀬戸際!まさに背水の陣!!

P1010958.jpg

というわけでパーツが到着しました。シンガポールから発送されております。中を開けると・・・・

P1010961.jpg

随分と簡素だなおい(笑)まあでも壊れ物でもありませんし、過剰包装はエコではありませんから別にいいでしょう。では早速取り付けをする前に、以前のパーツとの比較です。

P1010963.jpg

左が以前購入したパーツです。右が今回のもの。見るからに薄い作りで、直管部が太くても対応できそうですね!コレは希望が湧いてきましたよ!!!

P1010966.jpg



ではいよいよ取り付けを開始します!




・・・・・・




すると!!





・・・・





なんと!!!!






8451624815256.jpg

☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

P1010972_201406200033240c3.jpg

はいそこ、改行うざいとか言わない。取り付け自体も非常にスムーズでした。無理なくついている感じです。もちろんこのカスタムエンドリンクもしっかりと固定されていて、動く気配もありません。これは・・・・116519にラバーベルトをつけたように見えませんか?

P1010973.jpg

浮かれていてはいけませんね。サイズ調整をしましょう。デイトナでフルコマ仕様の私ですが、ラバーベルトは2コマ切断しました。コレで少し余裕がありますが、締め過ぎはいけませんのでこのぐらいにしておきましょう。

P1010995.jpg

こんな感じです。なかなかカスタム品には見えませんよね。コレは素晴らしいエンドリンクです。最初からこっちを購入していればと思いますが、この紆余曲折もまた楽しいんですよ。苦労の数だけ成功の喜びも増えます。あ、もちろん出費も増えますが(笑)

後はクラスプに少し不満が残っているぐらいですかね。ではまた今度たっぷりとラバーデイトナのプロパガンダを行います!誰もこんなもの欲しくないと思いますが、我こそはという人柱勇者はこのエンドリンクを購入してみてください。きっと満足できると思います。

今すぐこのエンドリンクを探しに行く方はしたのリンクからどうぞ。




テーマ : 腕時計
ジャンル : ファッション・ブランド

tag : カスタム デイトナ ラバーベルト



カテゴリ
日ロレメンテ情報
9995563OH.png

RQYm9X1382207271.gif
日ロレメンテ記録の記事一覧

情報提供したいという方へ
リンク

このブログをリンクに追加する

リンクに関する事や当ブログへの苦情などはこちらからお願いします。


QR
FC2 Blog Ranking
ファッション・ブランドジャンル
28位

腕時計ジャンル
2位

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
Sponsored link
よく読まれている記事