最新記事

全ての記事を表示する


またもや新しいカスタムパーツの登場です!

P1020864_20140830020244f6e.jpg

以前お伝えしましたレザーやラバーストラップを使用するときのカスタムエンドリンク、或いはカスタムフラッシュフィットについてまたもや新製品が登場したようです。

84751625489615.jpg

ラバーストラップで有名なエベレスト社ですが、このたび、カスタムエンドリンクとレザーストラップの開発を終えたようです。しかし、資金集めが必要だったようで、キックスターターを利用しての開発だったようですね。ラバーBなどとは違って結構こじんまりとやっているのでしょうか?

894516481.jpg

さて、モノはこちらです!レザーストラップも特殊な形状になっていますね。しかしこれかなり作りもよさそうなんです。以前私が紹介的たものは、時計本体とストラップで挟み込むタイプでした。ですがこちらは・・・バネ棒でエンドリンクとストラップを同時に固定してしまいます。

156245162481526.jpg

これは剛性感も高そうですね。かといって、今まで私が紹介してきたものも、ズレたり、ガタついたりはしませんが(笑)

874162564815.jpg

もちろん、ラバーが得意なエベレストですから、このエンドリンクにラバーと純正クラスプが着くものを作ってくる可能性もありますよね。取り付けも楽そうだし、これは期待大です!

9874512614.jpg

いち早い販売開始が望まれますねぇ・・・では今日はこの辺で。


テーマ : 腕時計
ジャンル : ファッション・ブランド

tag : カスタム Everest エンドリンク



文字盤のリダンについて

894561845845.jpg

こちらは私が所有している、日ロレが面倒を見てくれなくなったRef.1530です。この写真ではわかりにくいと思いますが、ダイアルの盤面の状態は良好です。針は全体的に腐食が見られ、夜光は針・盤面ともに焼けて汚い茶色になっています。正直ダイアルと針は交換したいなあとおもうのですが、なにぶん日ロレが見てくれません。では街の時計屋さんで入手すればとおもうのですが、どうやらこのモデルのパーツが少ないようなんです。

P1030258.jpg

というのも、この1530については世界で500~1500本しか流通していないそうなんです。発売は1976年ですから現存する本数はもっと少ないでしょう。外装パーツについてはオイスタークォーツのものを代用で使うことができますが、ダイアルなどはサイズも違えばレター自体も違います。私はまだ必要ないと思いますが、ダイアルが汚れたり焼けてしまったりすると、残された道はリダンしかないのでしょう。

984561894561.jpg

こちらは海外で見かけた1530の写真なのですが、ダイアルの色が似合わないとかそういうのはおいといて、おそらくこちらの所有者の方も同じように苦悩されてリダンされたのかなとか思ってしまいます。焼けや汚れをアジだと楽しめる方もいらっしゃるようですが、私は古いものでもできるだけ綺麗に使いたいのです。

「オリジナルを維持する」これはよく聞くワードですね。ロレックスならではというか、リセールの高いロレックスにおいて、ダイアルのリダンは価値を下げる行為だとされています。でも売るつもりのない時計なら別にやってもいいように考えています。こういった古い時計を維持していこうと思うのであれば、腕のいいリダン屋さんも知っておかないといけませんね。

では今日はこのへんで。


テーマ : 腕時計
ジャンル : ファッション・ブランド

tag : 考察 雑談 1530



カテゴリ
日ロレメンテ情報
9995563OH.png

RQYm9X1382207271.gif
日ロレメンテ記録の記事一覧

情報提供したいという方へ
リンク

このブログをリンクに追加する

リンクに関する事や当ブログへの苦情などはこちらからお願いします。


QR
FC2 Blog Ranking
ファッション・ブランドジャンル
23位

腕時計ジャンル
3位

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
Sponsored link
よく読まれている記事