最新記事

全ての記事を表示する


突撃!隣のオーバーホール!番外編 どうした!天才時計師!

4_20160125215422da1.jpg

今日はタイトルの通り、番外編ということでブレゲのオーバーホール情報を頂きました。情報を頂きましたのは、当ブログでもお世話になっておりますmarsさんです。PG無垢のブレゲクラシックをO/Hされたようです。ローマンインデックスとコインエッジのベゼル、ブルースチールのブレゲ針、ダイアルのギョーシェなど、名前の通り大変クラシカルなイデタチが素敵ですね。ケース径も35mmと控えめですが、そこはやはりPGですからしっかりと主張はしてきます。

2_20160125213905696.jpg

上の写真をみて何か違和感を感じられた方も多いと思います。そう、なぜかパテックの箱に入っています。ロレックスやパテック、ブライトリングなどにもありますが、メンテナンス後の引渡し時に専用ケースに入れてくれるんですよね。そのケースがブレゲにはないらしく、marsさんが時計を受け取ったときにも時計だけで返却されたそうで、何でもいいから適当な箱に入れて欲しいと頼んだところ、なぜかパテックの箱に入って帰ってきたそうです(笑)

メンテナンス費用も高額なんですから、ちょっとしたケースぐらい用意して欲しいなと思います(笑)さてメンテナンスの内容をみていきましょう。

情報提供 marsさん
モデル名 ブレゲクラシック
モデルNo. 5920BR15984
シリアルNo. 5***
処理日 2015年8月
取扱店 福岡三越6F時計サロン

メンテナンス項目 数量 単価 金額
オーバーホール料金 1 88,000 88,000
BRリューズ 1 11,600 11,600
小計 99,600
消費税(8%) 7,968
合計 107,568

内容は基本的なO/H作業とリューズ交換のみです。スモセコ三針のO/Hで基本料金が税抜き88,000円は痺れますね(笑)

じつはこのO/H後に不具合が見つかったそうです。このブレゲクラシックはツインバレルでして、パワーリザーブが94時間ある仕様となっています。marsさんがOH完了後に受け取った後にパワリザをチェックしたところ、半分程度で止まってしまったそうです。ツインバレルは香箱を2つ付けてパワーリザーブを倍にする手法ですからすぐにピンときますよね。そうゼンマイが一つ機能していなかったようです(笑)

弘法も筆の誤りと言いますが、天才時計師もたまに木から落ちるようです(笑)maesさんO/H情報ありがとうございました。ブレゲクラシック、売り飛ばさずに大事にしてくださいね^^

では(・ω・)ノ

突撃!隣のオーバーホール!記事一覧に戻る

続きを読む

テーマ : 腕時計
ジャンル : ファッション・ブランド

tag : 突撃!隣のオーバーホール! ブレゲクラシック


RPRの2016年バーゼル予測が興味深い

32168965.jpg

当ブログとは正反対に質の高い情報を提供することで定評のあるロレックスパッションリポート(Rolex Passion Report)が今年のバーゼル予測を発表しました。新作のキーワードはブルーベリーとパンダのようです。

116710BL.jpg
Source: Rolex Passion Report, Basel News 2016 Rolex Blueberry GMT Panda Daytona

まずはブルーベリーからですが、GMTマスターⅡに新色が登場するという予想です。BLNRは黒と青ですが、新色は濃紺とスカイブルーの組み合わせです。GMT針も青で非常にさわやかな印象です。REF番は116710BLになるだろうということです。さらに!予測ではBLNRがディスコンとなり、このBLに取って代わられると予測しています。

※あくまでもRPRの予測ですのでお間違えのないようにお願い致します。

116710LN.jpg
Source: Rolex Passion Report, Basel News 2016 Rolex Blueberry GMT Panda Daytona

GMTマスターに関しての予測はもうひとつあります。定番色である黒ベゼルの116710LNですが、このGMT針が赤に変更されるというもの。現状はGMT針とペットネームにコーポレートカラーの緑を採用していますが、変更後はペットネームは白、GMT針は赤と予測しているようです。次にパンダについてですが、こちらはもう皆さんの想像通りデイトナについてです。

white.jpg
Source: Rolex Passion Report, Basel News 2016 Rolex Blueberry GMT Panda Daytona

デイトナSS116520にセラミクベゼルが追加されると予測しています。デザイン的には所謂パンダではなく、インダイアルのサークルだけが黒になっていて16520の白ダイアルに近い印象です。

black.jpg
Source: Rolex Passion Report, Basel News 2016 Rolex Blueberry GMT Panda Daytona

黒ダイアルもあります。こちらはダイアルの変更は特になさそうです。どうせなら白ダイアルのように16520の黒に似せるとかあってもいいんじゃないかと思いますが、見たところほぼ同じですね。

84568456485.jpg
Source: Rolex Passion Report, Basel News 2016 Rolex Blueberry GMT Panda Daytona

オイスターモデル以外ではチェリーニにムーンフェイズとトリプルカレンダーが追加され、既存モデルも若干のデザイン変更があると予測しています。さらにロレックスがレクタングルケースに関する新たな特許を取得していることから、新たなプリンスが登場するのではないかともいっています。

と、ここまでがRPRの新作予測ですが、なぜSSモデルを中心とした新作が並ぶのかについても書かれています。一般的に新作や新素材など目新しいものは貴金属モデルからというのが同社の流れです。しかし、時計産業全体で3割も売り上げがダウンしている状況を考えると、さすがのロレックスも新ダイアルや新素材ベゼルを積極的に低価格帯に採用してくるのではないかと考えているようです。

ここ数年叫ばれるロレックスの高級路線へのシフトで置き去りにされたユーザーを、再度囲い込めるのか、またはそれをやる気があるのか、2016年のロレックスの新作から占えるのかもしれませんね。以上RPR紙の予測でした。

詳しくはRolex Passion Reportをご覧ください。

テーマ : 腕時計
ジャンル : ファッション・ブランド

tag : バーゼル 海外


カテゴリ


日ロレメンテ情報
9995563OH.png

RQYm9X1382207271.gif
日ロレメンテ記録の記事一覧

情報提供したいという方へ
リンク

このブログをリンクに追加する

リンクに関する事や当ブログへの苦情などはこちらからお願いします。


QR
FC2 Blog Ranking
ファッション・ブランドジャンル
22位

腕時計ジャンル
3位

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
Sponsored link
よく読まれている記事