最新記事

全ての記事を表示する


ロレックス40年の価格変動

P1100689.jpg

SSの腕時計が100万という時代になりました。腕時計が高いと思いますか?私はもちろん高いと感じていますが、最近時計趣味に入った方ならあまり高いと思わないでしょう。元々価格が高い事を分かってその趣味に入っているのですから当然と言えば当然です。昔から価格が一定ではないので、世代間で今の価格に対しての感じ方が変わってくるのだろうと思います。というわけで私が持っている資料を使ってここ40年ぐらいの価格推移を調べてみたいと思います。

40年間もずっと作られているモデルというのはありませんが、少しづつモデルチェンジしながらも続いているモデルならいくつかあります。そこでプロフェッショナルモデルの中でも最もスタンダードなサブマリーナーデイトにターゲットを絞って見ていきたいと思います。なぜ人気のあるデイトナにしなかったのか。デイトナは資料が圧倒的に少ないからです。特にエルプリ時代は供給量が少なかったためか全く価格表に掲載されていません。まさに幻ですね。話を戻します(笑)

1970_01.jpg

※価格は物品税・消費税に関わらず全て税込表示です。また、価格表が作られた時期が価格改定が行われた月の前後ですと、価格改定後の定価が反映されていない場合があります。価格データは規店用のカタログに付属する価格表と正規店定価が記載されている輸入時計総合カタログを参考に作成しています。

まずは1970年代です。赤字で記入している価格は資料がないため、前年の価格を引き継いでいます。そのため情報が正確ではない可能性があります。消費税はなく物品税の時代です。貴金属モデルには税率が重く、SSモデルにはあまり掛けられていません。当時のモデルは1680/0でまだ4桁の時代です。サブデイトのサファイアガラスは1981年ぐらいからですのでまだプラ風防の時代ですね。1971年の価格は166,000円とまさに破格。日本の高度成長期ということもあり価格も結構上がっています。1979年には約1.6倍となっています。

1980_01.jpg

次は1980年代です。16800にモデルチェンジした際にサファイアガラスになって300m防水を手に入れました。ムーブも刷新されたためかモデルチェンジ時には当然値上げです。外観上も結構変わっていると思うのですが値上げ幅はそこまで大きくない印象です。10年間を通してあまり値動きもなく、1989年には物品税が廃止され消費税が3%になります。ここでは掛けられていた物品税が0になり新たに3%が掛けられます。SSの腕時計の税率はそこまで高くなかったと記憶していますが、値下げ幅は結構なものですね。そして1980年代の終わりに16610へとモデルチェンジします。

1990_01.jpg

1990年代の幕開けとともに導入された16610は外観上大きな変更もありません。ムーブメントの細かなブラッシュアップのみということもあり、登場当初は全く同じ価格で併売されました。価格は安定していたと思われましたが、1995年に起こった超円高の時はさすがに価格を下げています。この史上空前の円高の理由については諸説ありますので割愛します。その後消費税が3%から5%に上げられましたが、その時も税率の変更だけで税抜き価格は変わっていません。バブル崩壊>円高>消費税アップと、時代は超不景気で失われた10年などと呼ばれる暗黒の時代でした。

2000_01.jpg

気分も暗くなってきたところで2000年代にいきます。モデルは引き続き16610ですが、2003年にはサブマリーナー生誕50周年記念ということで緑ベゼルのLVが発売されました。当初は大変な不人気モデルでしたがディスコンとともにプレ値となっています。定価は上昇の一途ですがその幅は比較的緩やかでした。

2010_01.jpg

最後に2010年代です。まずは2010年に6桁化を果たし大幅な値上げが行われました。ちょうど1.25倍の735,000円という設定に驚いた方も多かったでしょう。主な変更点は側だけですが、賛否両論のある極太ケースと剛性感の高いブレスレットなど生まれ変わったと言っても過言ではないほどのグレードアップ感がありました。アベノミクスによる円安政策や、2014年の消費税アップも手伝って値上げはハイペースに行われています。この記事を書いているのが2016年ですが、SSのサブマリーナーが90万円に届こうかとしています。

16610_01.jpg

1971年の大学生初任給は46,400円でした。ここ数年のそれは200,000円程度ということを考えると貨幣価値の推移は4倍程度のアップ。1971年に166,000だったサブデイトは5.2倍の874,800円になっています。貨幣価値を大学生の初任給だけでは語れないと思いますし、為替も関係してきますから単なる参考の一つにしかなりませんが、ある意味ロレックスの値上がり率は常識の範疇なのかもしれません。

額面だけ見ると確かに高くなった腕時計ですが、その他の要因、特に円高などを考慮すると意外とそうでもないんですね。昔から庶民の憧れであるロレックスですが、今後も”頑張れば買える”という絶妙な価格帯である事を望みます。

※追記
データが見つからないのですがさすがにこの見方だけでは偏りすぎでしょうから1980年以降の消費者物価指数をグラフに入れてみました。

続きを読む

テーマ : 腕時計
ジャンル : ファッション・ブランド

tag : 考察 サブマリーナ



ロレチューのレザーストラップ

P1100639.jpg

ロレックスやチュードルのブレスレットやレザーストラップについてです。まずロレに関して言えばケース径40mm以下のモデルのラグ幅はほぼ20mm、クラスプは16mmです。一般的なレザーストラップで言うとラグが20mmなら尾錠側は18mmが一般的なんですね。ちなみに表記は20/18とする事が一般的であるようです。

チュードルに関してはちょっと複雑です。ロレックスとの距離感が近い時代、2006年ぐらいまででしょうか。そのぐらいまではラグ幅20mmが多いんですね。次に多いのが19mmかな?その後チュードルが独自路線を歩み出してからのスポーツモデルがラグ幅22mmが主流なようです。

P1100638.jpg

これは個人的嗜好に基づく考えですが、メタルブレスレットではそう感じないのですが、レザーストラップ仕様の場合、クラスプ側が細くなるとどこかホ○っぽい印象を受けてしまいます。さらにストラップ自体に膨らみがあると余計に細く見えてしまうので、パット見はさらに○モっぽく・・・

結局何がしたいのかというと、私のクロノタイムは20/16仕様なのですが、それを20/18仕様で使いたいんです。で、20/18のストラップなどはすぐに見つかります。別に社外品でOKです。しかしDバックルは純正がいいなと。しかし純正は16mm仕様なので18mm仕様のバックルを探さねばなりませんでした。そこで現行のモデルに目を付けました。

P1100652.jpg

ラグ幅22mmなら尾錠側は18mmなのではないか?と思い調べてみるとやはり22/18でしたので純正品を入手すべくeBayを彷徨いましたところ、なんとかいいものをGET。香港産の模造品もありますので注意が必要ですが、クラスプコードなども参考にしながらなんとかブラックベイの純正Dバックルを入手です。

P1100654.jpg

バックルのサイズを確認したらストラップを新調する予定なのでとりあえず使っていないストラップで装着感を確認しようとと探したのですが、使っていないストラップがない!そこでフランク三浦に付けていたものでテスト(笑)このオレンジのは三浦用です。なにか新しいストラップを注文することにします。
では(・ω・)ノ

テーマ : 腕時計
ジャンル : ファッション・ブランド

tag : カスタム チュードル Dバックル



カテゴリ
日ロレメンテ情報
9995563OH.png

RQYm9X1382207271.gif
日ロレメンテ記録の記事一覧

情報提供したいという方へ
リンク

このブログをリンクに追加する

リンクに関する事や当ブログへの苦情などはこちらからお願いします。


QR
FC2 Blog Ranking
ファッション・ブランドジャンル
28位

腕時計ジャンル
2位

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
Sponsored link
よく読まれている記事