最新記事

全ての記事を表示する


世界の腕時計

DSC_0867_20130328235558.jpg

 時計ってなんでこんなに高いんだろう。もっと安かったらいっぱい買えるのになー等と妄想しながらこの本を読んでいた若かりし頃。でも安いと価値を感じにくいのが人間の性だし、やっぱ高いからこそ欲しくなるという深層心理もあったりするのか等と取りとめもないことまで考えちゃいます。そこそこ歳をとったいまでもやっぱりお金はありませんwで、今でもやっぱり同じこと考えています。まあでも綺麗な時計を本で見ているだけでもワクワクします。とかかんがえていると、そもそもこの世界の腕時計シリーズって何冊発売されているんだろう?と疑問に思えてきます。今私が所有しているのはたった3冊です。ちょっと調べて一覧にして見ました。

No.001 ロレックス・オールカタログ
No.002 ロレックスサブマリーナ
No.003 クロノグラフ完全大事典
No.004 エヴィエーション・ウオッチの時代
No.005 ワールドタイム・ウオッチ大図鑑
No.006 腕時計大百科
No.007 ミリタリー・ウオッチ誌上大博物館
No.008 Rolex大研究
No.009 誰も知らないサブマリーナ大発見
No.010 ロレックス・パネライ
No.011 スウォッチ・プロトタイプの秘密を大公開
No.012 ロレックス完全読本
No.013 ブライトリング物語
No.014 続・ロレックス完全読本
No.015 カルティエ物語
No.016 ブランド物語
No.017 ロレックス大全
No.018 国産時計物語
No.019 スイス時計の現在(いま)を語る
No.020 ブライトリング新たなる飛躍
No.021 タイム・スペック・クラブスペシャル。
No.022 パテック・フィリップ。
No.023 カルティエ1995。
No.024 「図説」コンプリケーション・ウォッチ。
No.025 ブライトリング・マテリアルブック’96。
No.026 オメガ再考。
No.027 高級時計の新展望「カルティエ」1996
No.028 ジャガー・ルクルト
No.029 セイコー・クレドール
No.030 天才の軌跡ブレゲ物語
No.031 愛と浪漫の美しき具象
No.032 ブライトリング1997
No.033 日本の時計の顔グランドセイコー
No.034 2世紀半の時間軸バセロン・コンスタンチン
No.035 宝飾商として、時計メーカーとして花開くカルティエの真髄
No.036 ブライトリング1998
No.037 日本の品格を作る技と心セイコークレドール
No.038 エベルダイナミズムへの飛翔
No.039 ブランパン1999
No.040 カルティエ'99
No.041 ドイツ特集IWC
No.042 ブライトリング1999
No.043 時をめぐる技術進化セイコー2000
No.044 アブラアン・ルイ・ブレゲ天才の継承
No.045 ボーム&メルシエ
No.046 洗練の歩みカルティエ2000
No.047 マルタ十字の誇りを明日に継ぐバセロン・コンスタンチン
No.048 ブライトリング2000
No.049 セイコークレドール
No.050 独創のパワー ロジェ・デュブイ
No.051 ショパール
No.052 カルティエ2001
No.053 ピアジェ
No.054 ブライトリング2001
No.055 新着クロノグラフを検証
No.056 グランドセイコーのすべて
No.057 IWC2002
No.058 カルティエ2002
No.059 ユリス・ナルダン
No.060 ブライトリングにみる技術進化
No.061 2003年注目メーカー
No.062 クレドール
No.063 バーゼルワールドにみる2003年腕時計潮流
No.064 2003バーゼルワールド&ジュネーブメーカー別新作腕時計事情
No.065 ジャガー・ルクルト/パルミジャーニ・フルーリエ
No.066 グラスヒュッテの時計づくり/ブライトリングナビタイマー
No.067 2004年注目の時計メーカー
No.068 国産時計の現在/SINNのオリジナル・スタンダード
No.069 グランドセイコー 進化する実用時計
No.070 2004バーゼル&ジュネーブ メーカー別新作腕時計事情
No.071 IWCの進化
No.072 ブライトリング大空と腕時計を繋ぐスピリット
No.073 2005年注目の時計メーカー
No.074 もうひとつのドイツ時計「黒い森」の時計作り
No.075 2005バーゼル時計潮流
No.076 2005バーゼルワ-ルド&ジュネーブメーカー別新作腕時計事情
No.077 スイス時計の新しい力「ウオッチランド」探訪
No.078 ブライトリング・フォー・ベントレー
No.079 2006年注目の時計メーカー
No.080 時計ブランド100の現状をみる
No.081 セイコーウオッチ革新と飽くなき技術の探求
No.082 2006バーゼルワ-ルド&ジュネーブ
No.083 タグ・ホイヤーの現在
No.084 ブライトリング新世代のアビエーション・ウオッチ
No.085 2007年注目の時計メーカー
No.086 2007年度時計ブランド100の現況をみる
No.087 スプリングドライブ進化の最新形
No.088 2007年バーゼル&ジュネーブメーカー別新作情報
No.089 遺産、そして継承タグ・ホイヤーとモータースポーツ
No.090 ブライトリングパイロット・ウオッチ進化の条件
No.091 2008注目ブランド
No.092 主要時計メーカーの動きを探る
No.093 2008新作情報 電波ウオッチ最前線
No.094 2008バーゼル&ジュネーブ メーカー別新作情報
No.095 夢想から創造へのプロダクト フランク・ミュラー 時の描写力
No.096 ブライトリングブリティッシュ・コネクション
No.097 2009注目の時計メーカー
No.098 2009新作情報第一弾 ジュネーブ編
No.099 2009メーカー別新作情報[バーゼルワールド編]
No.100 日本の隠れた時計づくり スイス時計最新事情
No.101 2009新着情報
No.102 ブライトリングパイロット・クロノグラフ
No.103 創刊20周年記念特集:腕時計おもしろ宣言
No.104 2010新作情報バーゼルワールド編
No.105 国産メーカーの今日、明日ー!
No.106 ハッピー・アニバーサリー〈ブランパン・コルム・ウブロ・ドゥ)
No.107 2011メーカー別新作情報ジュネーブ編
No.108 2011新作情報バーゼルワールド編
No.109 IWC2011 創業の精神を礎に発展する〝エンジニア〟
No.110 ブライトリング再検証 セイコー130周年記念特別企画発
No.111 2012ブランド別新作情報【ジュネーブ編】
No.112 2012ブランド別新作情報第二弾【バーゼル編】
No.113 A.ランゲ&ゾーネ 1900~2012 成長の軌跡
No.114 ブライトリング 独自の取り組みを紐解く
No.115 ヴァシュロン・コンスタンタン 発展を支えるキャビノチィエ魂


 ひえええ~100冊超えてる~~って、108号とかもってるんで100号超えているのは知っていましたがねwこの本定価が2100円ほどするんですが、100冊揃えると21万円にもなっちゃいます。まあでもこのクオリティならこの値段もアリですね。見ててたのしいのでボチボチと少しづつ買い揃えていきますwでわまた~

テーマ : 腕時計
ジャンル : ファッション・ブランド

tag : 世界の腕時計



コメントの投稿

非公開コメント

 
カテゴリ
日ロレメンテ情報
9995563OH.png

RQYm9X1382207271.gif
日ロレメンテ記録の記事一覧

情報提供したいという方へ
リンク

このブログをリンクに追加する

リンクに関する事や当ブログへの苦情などはこちらからお願いします。


QR
FC2 Blog Ranking
ファッション・ブランドジャンル
32位

腕時計ジャンル
2位

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
Sponsored link
よく読まれている記事