最新記事

全ての記事を表示する


Rolex Highlightsを購入してみました!

 今日は洋書などを購入してみたのでご紹介しますね。ハードカバー本で非常に豪華です。紙も上質で95ページフルカラーですね。2013年のバーゼルモデルまで網羅しております。

IMG_1555.jpg

ハードカバー: 95ページ
出版社: Heel Verlag Gmbh (2013/07)
言語 ドイツ語
発売日: 2013/07
商品パッケージの寸法: 23 x 21.6 x 1.4 cm

 基本的には現行モデル中心ですが、ちょっとした歴史的なモデルなんかも紹介されています。が!全編ドイツ語でほぼ意味が分かりません。綺麗な写真を楽しむのが主な目的になろうかと思います。それではちょっと内容を紹介してみましょう。

IMG_1549.jpg

こちらは本社ビルでしょうか。隣り合って大きなビルが二つ。工場と事務方で分けているとか?英語ならすこーしだけわかるんですがね。しかしなかなか見ることの出来ない写真も掲載されております。

IMG_1550.jpg

みてください、この贅沢なビル。価格改定でもうちょっと安くしてくれませんかね?儲かりすぎです!(笑)

IMG_1548.jpg

工場内のパーツ倉庫でしょうか。整然と並んでおりますね。コンテナをコンピュータ制御でやり取りするようです。

IMG_1546.jpg

ヨットマスター2のSSモデルってもうちょっと安くならないんですかね。SSで170万円とかちょっとやりすぎじゃないですか?(笑)100万なら余裕で買いますけど・・・

IMG_1547.jpg

サイドビューフェティシズムな方のようです。デイトナのサイドビューはベゼルの折り返し部分がなんともいえません。まじで惚れ惚れしませんか?

IMG_1545.jpg

チェリーニプリンスも紹介されております。このモデルには裏スケルトンモデルがあった気がします。

IMG_1543.jpg

こんな用途もありますね。未知なるモデルなどともコラボ可能です。別にこのために買ったわけではありません。ちょっとした目的がありまして購入しました。まだナイショです。


テーマ : 腕時計
ジャンル : ファッション・ブランド


コメントの投稿

非公開コメント

 

えーすさん

こんにちは!

ちょっと豪勢な感じのロレ本ですね。

普通の本屋では立ち読みとかできなそうなので続編希望です!

字は読めなくても写真だけで楽しめそうですね。

果たしてこの本の購入目的は!!

気になります(*^^*)

昨日はありがとうございました!

ロレックス本社ビル凄いです!!
儲かり過ぎ!

SSの原価なんかたかがしれていますが、そこに付加価値をつけて100万円とかにしちゃうのは流石ロレックス!

デザインも少し変えただけで10万UPですからね。

Aコンセプトショップとかは本社とか見学できるんですかね?
是非見てみたいですね(笑)

モラールさん

こんにちは~^^

ハードカバーの本ですので非常に高級感があります。やはりロレ本は雑誌よりもハードカバーがいいですね。目的はまだ言えませんが、続編はやりたいと思います!もちろん目的も時期が来ればお知らせできますよ!

あまりもったいぶっても、なんだそんなことかと吐き捨てられそうですので、この辺にしときます(笑)

ではまたー^^

きょん様

こんにちは~^^

もしロレックス本社見学ツアーがあったら・・・・

・時計作り体験!文字盤に好きな絵を描いて自分だけのロレックスをつくっちゃおう!お持ち帰りOK!
・時計技師と食べるロレックスランチ!
・面白イベント!竜頭のつかみ取り大会!
・赤く溶けたステンレスに大事な人の遺骨を溶かして、メモリアルウォッチを作ろう!

お一人様80万円で3泊5日。えーと参加します?

えーす様

こんにちは〜

すごく綺麗な本ですね〜♪こういう本の情報を仕入れ購入するえーす様。

さすが!匠の技ですね(笑)

もちろん私はドイツ語は読めませんのでわかりませんが。

ロレックスが儲かっているのが解る本社ビルですね。

さて?えーす様の目的は!?

ドキドキしながら待ってますね(^з^)-☆

シン店長様

こんばんは~^^

洋書は写真が綺麗で、本自体のクオリティが高いものが多いです。デイトナの本で10万円を超えるプレミアのついているものもあるぐらいですからね。

さて、この本の購入目的はおそらく皆さんがこのことを忘れたころに明らかになると思われます。まだまだ後の話ですのであまりお気になさらずに(笑)

ではまたー^^

えーす様

こんばんは~^^

おっと、これはイイモノを見つけられましたね!?

ドイツ語表記とはいえ、写真だけでも十分に購入する価値はあるのではないでしょうか?

ちなみに何ユーロ?だったのでしょうかね?

こういった高級そうなロレ本が日本でももっと発売されるとイイんですけどね~

最後の「ちょっとした目的」というのが気になりますね~

ではまた~^^

さいもん様

こんばんは~^^

日本ではこういった本がありそうでなかなかありませんよね。ドイツ語じゃなくて英語であればもうすこしマシだったのですが・・・まあなんにせよ、写真が多く、楽しめるのは確かです。お値段は日本円に直して2000円切るぐらいですね。そんなに高いものではありませんよ。

ちょっとした目的はまだナイショです(笑)今しばらくお待ちください!

ではまたー^^

えーす様

こんばんわ!コメ遅くなりまして恐縮です。。

この本ホスィーです(笑)結構値段しそうですね。

時計ばかりではなく、ファクトリーの紹介とか大好きですね。

さてさて、目的は何でしょうかね〜?!

プラチナオレンジ様

こんばんは~^^

写真と文章の割合が2:1ぐらいですかね。ですので結構楽しめます。せめて言葉が分かればですねぇ・・・いろんなおもしろい説明もなされていると思うのですが、なかなか読み解くことが出来ません。日本の出版社もロレックス社にいって取材をしてこいと。まあおそらく、ワインなんかと同じじゃないでしょうかね。評論化が権限を持っているのでしょう。そして、その評論家とメーカーが結びついているもんだから、いろんな逸話もその人に提供して、その評論家もまた株を上げる。

ステマですね(笑)ではまたー^^

えーす様

こんばんは!
ドイツ語の本ですか⁈
グーテンターク、グーテンモルゲン…ぐらいしか知らないので、自分が購入したらグラビアアイドルの写真集並に写真だけを見てムラムラしている事でしょう。\(//∇//)\

カタログとは一味違ったマニアが喜ぶような様々なアングルの写真がてんこ盛りでしょうか。

ブックラックに飾っているだけでも洒落乙なので、自分も一冊欲しいな〜。^ ^

え〜すさん

こんばんわ!

最後の写真見て16613の旧型も紹介されてるんだって
思ったらえ〜すさんの自前時計でした。
あまりに溶け込んでいてわかりませんでした。

そかあロレックスってメイドインドイツだよなって
思っていたら、バカですね。
どいつって最近しりましたがランゲって老舗の時計
ドイツ製なんですね。
忘れた頃の続編待ってます。

えーす様

こんばんは(^^)

高価な本ですね。

しかし、その内容は、お釣りがでてくるくらいに価値がありますね!

私もロレックスツアーがあれば参加したいですが、80万でしたらやめときます…

80万があれば新しいロレックスを購入しまーす(^-^)/

では〜明日(^^)

むらあつ様

こんにちは~^^

いえいえ私もドイツ語はさっぱりですよ!パッと見も豪華で、中の写真も綺麗なら贈り物などにいいですよね。おっしゃるように本棚に飾るだけでも様になる一冊です。

実はこのシリーズオメガやブライトリングなど他のメーカーのものも出版されています。集めだすとキリがありません(笑)一冊どうですか?

ではまたー^^


タカゴンさん

こんにちは~^^

パッと見溶け込んでますかね?(笑)写真の画質が悪いからそう見えちゃったのでしょうね。でも実際は結構綺麗な印刷で、写真もなかなか面白いものが載っておりますよ。

さてドイツといえばランゲ&ゾーネ、なんとかグラスヒュッテ、TUTIMAぐらいしかしりません。ドイツは工業製品の質も高いですから、時計も同じように期待ができるのですが、ドイツ時計は触ったことすらないですね。実際のところどうなんでしょう。高級時計というよりは軍用など実用時計のイメージが強いです。

ではまたー^^

らぶろれ様

こんにちは~^^

時計作り体験をして自分オリジナルの時計を持ち帰れるなら私は参加しますよ(笑)あとリューズつかみ取り大会とか楽しそうじゃないですか(笑)多分一掴みでリューズ100個はいけると思いますよ!

高価といっても日本円で2000円程度ですから、そこまで高価ではないと思いますが、本が売れない時代ですから、2000円自体が既に高価なラインに入っているのかもしれませんね。私は実物を手に取り、中身を見ていますから、そこまで高価と思わないのかもしれません。日本の~~王みたいな雑誌だと2000も出す気にはなれませんね(笑)

ではまたー^^


カテゴリ


日ロレメンテ情報
9995563OH.png

RQYm9X1382207271.gif
日ロレメンテ記録の記事一覧

情報提供したいという方へ
リンク

このブログをリンクに追加する

リンクに関する事や当ブログへの苦情などはこちらからお願いします。


QR
FC2 Blog Ranking
ファッション・ブランドジャンル
22位

腕時計ジャンル
3位

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
Sponsored link
よく読まれている記事