最新記事

全ての記事を表示する


内部資料から学ぶ

新モデルが発表されると、スイス本社から各国の支部などにさまざまな通知がなされます。その後技術公認店などの持つうちが行くようです。下の画像はディープシーが発表され、実際に販売されるときに行われた通知のようです。

984518465.jpg

このなかで、ケースの仕上げの仕方に言及しているページがあります。

116660.jpg

この中では3つの仕上げに分類されているようです。

1つ目はポリッシュ仕上げ(Polished finish)ですが、これはツルツルピカピカの鏡面仕上げのことです。


2つ目は線状のサテン仕上げ(Linear satin finish)です。コレは直線のサテン仕上げです。俗にヘアライン仕上げといわれるものですね。コレは髪の毛のような仕上げという意味ですね。当たり前か(笑)

3つ目は円形のサテン(Circular satin finish)仕上げです。時計の中心を基点に円形にスジ状のヘアライン仕上げをされています。

このように3つの分類でケースの研磨を仕上げて行くようです。もちろんデイデイトなどになると他の仕上げもありますが、それは知りません(笑)

116618.jpg

こちらはサブ6桁化の際に出された116618のマニュアルです。やはり同じように3つの分類で指示されています。

テーマ : 腕時計
ジャンル : ファッション・ブランド

tag : 雑談


カテゴリ


日ロレメンテ情報
9995563OH.png

RQYm9X1382207271.gif
日ロレメンテ記録の記事一覧

情報提供したいという方へ
リンク

このブログをリンクに追加する

リンクに関する事や当ブログへの苦情などはこちらからお願いします。


QR
FC2 Blog Ranking
ファッション・ブランドジャンル
18位

腕時計ジャンル
2位

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
Sponsored link
よく読まれている記事