最新記事

全ての記事を表示する


N夜光、ルミノバ

 今日は夜光塗料のルミノバについてちょっと調べてみたので、知っている人にはつまらない記事です。まあ一種の備忘録です。ルミノバとは従来のトリチウムに変わって時計の夜光として使われだしたもので、画期的な蓄光性夜光顔料です。

夜光についてもっと知りたい方はこちらもご覧ください。OysterClub夜光のページ

DSC_0941.jpg

 自発光型のトリチウムとは違って、長時間の発光ができません。とはいっても一晩中光っておくことぐらいは容易ですので、あくまで自発光型と比べて短時間で暗くなるということです。さらに放射性物質を含んでいないので、入手、取扱、廃棄について規制がありません。

DSC_0947.jpg

 発光の輝度についてもトリチウムよりもかなり明るく、10倍程度だそうです。しかも、原料がセラミックということもあり、劣化につよく非常に高い耐候性をもっています。半減期の短いトリチウムは10数年で発光しなくなりますが、ルミノバは半永久だそうです。さらに特徴としては、強い光を浴びると、強い光を発するということです。炎天下から暗闇に入ると人間の目は暗順応をはじめますが、しばらくは視力が落ちます。そのときにこの夜光は非常に明るく輝いてくれるということです。

deepsea_m116660_bs_00051399214818661olb.jpg

 購入後、15年ほどたちますが、どおりでルミノバであるサブはいまでも結構明るいはずです。ロレックスの夜光はクロマライトに移行しつつありますが、ルミノバは今後も明るく光り続けてくれるようで一安心です。


テーマ : 腕時計
ジャンル : ファッション・ブランド

tag : 16613 サブマリーナ 夜光 動画



コメントの投稿

非公開コメント

 

えーすころころ様

こんばんわ。

私は6桁モデルオンリーですので、トリチウムの発光を見たことがありません汗

ロレとしては、今後クロマライト化されていくでしょうが、ルミノバのあの緑光が合う個体もあります。たとえばグリムティとか。。

経年劣化で光らなくなることはまずないところが安心ですね。

プラチナオレンジ様

こんばんはー^^

 私のデイトナも6桁なんですが、古いのでルミノバです。もし文字盤交換になればクロマライト仕様になることかと思います。夜光コンプもこれで夢ではなくなりましたw
 私所有のトリチウムモデルは、Ref.1530ですが、さすがに発売から40年、文字盤の夜光リダンもしていませんので光らないと思います。トリチウムの半減期は10数年と聞きましたのでもうほとんど光らないでしょうね;;
 ところで、ルミノバはブラックライトに反応しますが、ブラックライトで照らしたときの光り方が又綺麗なんです!滲むように明るい照明の下でも光っているのがわかるぐらいに反応します。あとでちょっと撮影してみますが、うまく撮れたらいいなあ・・・
カテゴリ
日ロレメンテ情報
9995563OH.png

RQYm9X1382207271.gif
日ロレメンテ記録の記事一覧

情報提供したいという方へ
リンク

このブログをリンクに追加する

リンクに関する事や当ブログへの苦情などはこちらからお願いします。


QR
FC2 Blog Ranking
ファッション・ブランドジャンル
28位

腕時計ジャンル
2位

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
Sponsored link
よく読まれている記事