最新記事

全ての記事を表示する


チュードルの現行Dバックルのススメ

IMG_0313.jpg

今日はチュードルの現行Dバックルについて書いてみたいと思います。こちらは現行のスポーツモデルに採用されているDバックルです。DバックルはDeployant buckleとかDeployment bukcleと呼ばれますがどっちが正しいのか分かりません。さらに言うとbuckleの部分もclaspという人もいますので正式な呼称は全くの謎です(笑)

Dバックルの利点は次のような物です。

・時計の脱着がスムーズになる
・時計の脱着時に時計を落とすリスクが減る
・革ベルトを痛めずに長寿命化できる
・なんとなくかっこいい

というわけで革ベルトを使うのであれば私はDバックルを強く推奨します。ロレックスにはSSのDバックルが存在しませんが、チュードルにはスポーツモデルで採用されています。最近のチュードルはラグ幅が22mmと大きく、尾錠側は18mmが主流です。ですのでこのDバックルも当然尾錠側の取付幅は18mmとなっています。

IMG_0315.jpg

中板にはTUDORのロゴがレーザー刻印のような感じで記されていまして、今はランダムとなったクラスプコードもありますが、品番を示すような記号は見当たりません。

IMG_0321.jpg

このバックルはシングル式となっており、バックルを閉じるとパチンというクリック感もあって剛性感を感じる作りです。さらにフリップロックが付いていますので不意に外れるといった不安感もありません。さらにバックルを閉じた姿はチュードルのロゴになるように設計されていて、意匠的にも大変凝ったものになっています。

IMG_0320.jpg

先ほど述べたバックルを閉じたときのクリック感は上図の右にある白いセラミックボールにあります。中板の表裏に取り付けられたこのセラミックボールが2か所あるボールの受けにハマることでクリック感が生まれます。1つはバックルを留め、もうひとつはフリップロックをしっかりとホールドしてくれます。素材に硬いセラミックを使うことで劣化する事なく長きにわたって使えるように工夫されているようです。

IMG_0324.jpg

クラスプを閉じた状態を横から見ると上図のようになります。フリップロックを外して↑のところを少し上に引っ張ると先ほど説明したセラミックボールがカチッと外れてスムーズに取り外しができます。なかなか良く考えられたいいDバックルです。

ちなみにこの時計は2000年ごろのクロノタイムですが、この時代の純正Dバックルは今日紹介したDバックルとは違いますので、お間違えのないようにお願いします。ロレックスも純正のSS製Dバックルとか出してくれないかなあ・・・
では(・ω・)ノ

テーマ : 腕時計
ジャンル : ファッション・ブランド

tag : TUDOR Dバックル



コメントの投稿

非公開コメント

 

私は尾錠派

私は革ベルトには手首裏に負担が掛からない尾錠が好みなんですよ。
確かにDバックルは着脱時落とす心配皆無&革ベルトに優しいですが、夏場酷使した汗まみれ革ベルトはDバックルでも尾錠でも秋冬にはベルト全体が汗臭くなってきます。
まぁ好みの問題ですからお好みの方をどうぞってことですね^^

そうそう約3年前に正規店で確認しましたが、PPノーチラス用ステンDバックルは10万超なんですよ!

Re: 私は尾錠派

イワさん、おはようございます!

仰るように好みの問題ですね(笑)
市販のDバックルだと余り使う気にならないんですが、
メーカー純正は大体が何らかの意匠を凝らしてあるので大好きです。

PPのDバックルもカラトラバ十字がキレイでいいですよね。
以前プラチナのDバックルの値段を聞きましたが
多分40万程度だったと思います。
バックル1つでそこそこの時計が買えてしまいますよね(笑)

カテゴリ
日ロレメンテ情報
9995563OH.png

RQYm9X1382207271.gif
日ロレメンテ記録の記事一覧

情報提供したいという方へ
リンク

このブログをリンクに追加する

リンクに関する事や当ブログへの苦情などはこちらからお願いします。


QR
FC2 Blog Ranking
ファッション・ブランドジャンル
26位

腕時計ジャンル
2位

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
Sponsored link
よく読まれている記事