最新記事

全ての記事を表示する


突撃!隣のオーバーホール!第32話 オイスタークォーツ

9845618951865.jpg

32回目を迎えましたオーバーホール情報です。モデルは最近何かと取り上げる機会が多いオイスタークォーツです。皆さんご存知のように、OQはかなり変わったデザインで、一説にはジェラルド・ジェンタがデザインしたと言われています。本人は一度もコレを肯定したことはないそうで、むしろ某雑誌のインタビューで否定していたとかいう話も聞いたことがあります。

以前どこかのブログで読んだのですが、ロレックスのバイセロイなどとケース形状が似ていることから、その流れを汲んだデザインなのではないかという仮説を立てていらっしゃる方がいました。どちらかと言うとバイセロイの進化系だという話のほうが自然かななどと感心したのを覚えています。

895625521862.jpg
※O/H前の状態です

話がまた逸れましたね。今日の情報は福岡のtakaさんから頂きました。上の写真はオーバーホールに出す前の状態です。クォーツ時計の宿命である電池切れを起こしたそうで、日本ロレックスへ電池交換を申し込んだところ、最近のO/Hの履歴が無いということで強制入院となりました。OQは電池交換3回に1回のペースでO/Hをするのが目安となっていますが、ちょうどそれに引っかかったのかもしれませんね。

情報提供 takaさん
モデル名 オイスタークォーツ
モデルNo. 17000
シリアルNo. 548****
処理日 2017年2月
取扱店 福岡サービスセンター

メンテナンス項目 数量 単価 金額
オーバーホール料金 1 43,000 43,000
リューズ交換
Crown Oyster SS Monoblock 1 9,000 9,000
チューブ交換
Tube 1 3,500 3,500
クラスプ用バネ棒交換
Springbar for Clasp SS 62510H 1 500 500
ブレスレット部品交換
Tube of The Case 17000B SS 2 500 1,000
ブレスレット部品交換
Pin of The Case 17000B SS 2 500 1,000
送付手数料 0
小計 58,000
消費税(8%) 4,640
合計 62,640

894564894565845845.jpg

上の写真がO/H後の写真です。さすが日ロレの鬼研磨ですね。非の打ち所がない仕上げです。元々この個体はかなり状態がよく、面取り部のエッジのダレもなく、ラグ周りもキレイでした。研磨は比較的軽めにかけられているのではないかと思われます。交換パーツもお決まりのものしかなく、内部状態も上々のようですね。

894561858265826.jpg

ココで一つ面白いことが。実はこのOQのクラスプには、takaさんが購入されたときからクラスプの裏に数字が刻んであったんです。4桁の数字で何を意味しているのかは全くの謎だったのですが、今回のO/Hでその数字が消されているのかに興味がありました。日ロレはそれを研磨してくれているのかどうか。

結果は研磨されていませんでした。以前にこの時計を触った時計師が残した何らかの記録として残したのか。はたまた全くの見落としか(笑)まあその辺は謎ですがクラスプの裏はもしかすると研磨の対象ではないのかもしれませんね。なんにしても状態のいいこのOQは今後も大事にしていただきたいと思います。takaさん情報提供ありがとうございました!

納品書

突撃!隣のオーバーホール!記事一覧に戻る

テーマ : 腕時計
ジャンル : ファッション・ブランド

tag : 突撃!隣のオーバーホール! オイスタークォーツ


コメントの投稿

非公開コメント

 
カテゴリ


日ロレメンテ情報
9995563OH.png

RQYm9X1382207271.gif
日ロレメンテ記録の記事一覧

情報提供したいという方へ
リンク

このブログをリンクに追加する

リンクに関する事や当ブログへの苦情などはこちらからお願いします。


QR
FC2 Blog Ranking
ファッション・ブランドジャンル
20位

腕時計ジャンル
2位

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
Sponsored link
よく読まれている記事