最新記事

全ての記事を表示する


ブライトリングが英国ファンドの傘下になりました。

P1050708.jpg

ブライトリングが英国のヘッジファンドの傘下になってしまいました。そのファンドはCVCキャピタル・パートナーズという名称なのですが、一体どういう意図で買収したのでしょうか。一般的にヘッジファンドというとどうしても銭ゲバ的なイメージを持ってしまいますが、このファンドは企業を買収し、企業価値を一定程度高めた上で売りぬくようなファンドではなく、ある程度長期的に企業を保有して出資者に還元するスタイルであるようです。株の保有期間も平均で5年程度と比較的長いことから、ブライトリングにとっても企業の体質を改善するいい機会となるのかもしれませんね。

今後は様々な変化が予測されます。ムーブメントなどの供給やスポンサー活動、細かいところで言うとメンテナンスの並行差別やクラブブライトリングのメンバーズサロンでのワインの量が減ったりするかもです(笑)

89416589465846.jpg

ちょっと心配なので2015年から2017年までのメンバーズサロンの回数を何となく比較してみました(笑)

東 京:5回→5回→6回
大 阪:なし→3回→3回
名古屋:4回→4回→4回
福 岡:3回→3回→3回

減るどころかむしろ増えています。あと数年は安心してワインが飲めそうです。そこのあなた!あのワインは一人3杯までなんですよ!飲みすぎちゃダメですよ(笑)
では(・ω・)ノ

テーマ : 腕時計
ジャンル : ファッション・ブランド

tag : 雑談


[PR]
時計買取.bizなら最大10社の比較査定で最高値を保証
格安ブランド通販ベクトルパーク
プロからも選ばれる時計買取店アンティグランデ

コメントの投稿

非公開コメント

 

そういえば以前は首から下げるパス?以外に簡易キズミも一緒に渡されてましたが、最近はない気がしますね!?(・_・;?

下戸な私はワインよりお土産的な物がいいです(笑)

あらら

時計宝飾業界のメーカーやグループが引き受けると思ってましたが、まさかのヘッジファンドとは!

当のヘッジファンドはブライトリングの成長性を見込んだ事でしょうから今後の展開が楽しみです。

時計に興味を持つキッカケがビンテージのブライトリングだったので、ブランドは存続して欲しいと願ってます。
近年のサイズ50mm超や値段の肥大化はストップして欲しいです。

Re: タイトルなし

北九州ロレ男さん、こんばんは!

明日は件のイベントですね!楽しんできてください。
以前刃キズミがもらえることもあったようですね。
子供を連れて行けば塗り絵用の色鉛筆がもらえたようですが今年はどうでしょうか・・・
私はまたコースター貰って帰ります(笑)



Re: あらら

イワさん、こんばんは!

ムーブメント的には独立を保っているブライトリングですので
ある意味同業者よりは良かったのかもしれません。

値段や販促の方法などが見直されればきっと昔のブライトリングに戻ると思います。
いいキッカケにして欲しいですね。

No title

えーすさんこんばんは。
ブライトリング、デザインは好きなんですが露骨な並行差別があるので
まったく手を出していません。フランクミュラーなんてもってのほかw
このような方針を取っているメーカーの、もうディスコンになってしまった
時計が欲しくなった時が一番困りますね。
現行なら正規品を買いますが、生産終了だとどうにもなりません。
なのでそういうメーカーは最初から相手にしないか、または新品しか
チェックしないようにしています。
ファンドが親ならば収益性の改善が優先順位として高いと思われますが、
それによってケチくさくなったら終わりですね。
昔から損して得取れといいますが。さあ、どう変化していくか、見ものですね!

Re: No title

skywaveさん、こんばんは!

ファンドが並行差別をどう見るか、私も見ものだと思っています。
並行差別はリセールに悪影響を及ぼしていることは明らかです。
リセールは正規店での新品販売にも好影響を及ぼすはずです。
並行品との価格競争は無視できませんが、
高くてもリセールがある程度高いと安心して購入できますよね。

並行差別がなくなれば欲しい時計もあるんですがねぇ。
では(・ω・)ノ
カテゴリ


日ロレメンテ情報
9995563OH.png

RQYm9X1382207271.gif
日ロレメンテ記録の記事一覧

情報提供したいという方へ
リンク

このブログをリンクに追加する

リンクに関する事や当ブログへの苦情などはこちらからお願いします。


QR
FC2 Blog Ranking
ファッション・ブランドジャンル
17位

腕時計ジャンル
1位

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
Sponsored link
よく読まれている記事