最新記事

全ての記事を表示する


ロレックスの古いカタログたくさんを見せていただきました!その1

DSCN0858.jpg

先日知人がウチを訪ねてきまして、見たことがないロレックスのカタログをじっくりと見せていただく機会がありました。何種類かお持ちだったので機会があればミチミチと紹介したいなと思います。ブツは上の写真のもので真緑の表紙が特徴的な1975年(昭和50年)のカタログです。掲載されている写真は一般社団法人日本時計輸入協会が発行していた「時計輸入総合カタログ」に提供された写真と同じ構成になっています。勿体無いので使いまわしたのでしょうか?(笑)

DSCN0861.jpg

おっといきなり面白い写真です。GMTマスターのフジツボダイアルの金無垢ですが、針がバーになっていますね。私達が見慣れたGMTマスターはメルセデス針です。以前JFKさんのブログで、このバー針の組み合わせが正規の組合せか否かの話がありました。フジツボにバー針については、この写真が正規の組合せであることを再度証明していますね。

DSCN0862.jpg

そしてコチラにはオイスタークォーツの前身、ベータクォーツ(Ref.5100)です!ホワイトゴールドとイエローゴールド各1000本づつの限定生産だった記憶があります。みなさんご存知だと思いますが、全てのロレックスの中で初めてサファイアクリスタルガラスを採用したモデルですよね。このときの価格は304万円。消費税導入前で貴金属には物品税がかなり重く課されています。

オイスタークォーツについて知りたいかたはコチラ

DSCN0863.jpg

この辺はありきたりでしょうが触れないわけにはいきません。ねじ込みのプッシャーがイカツイ6263と6265ですね。当時の手巻きデイトナは大変な不人気でして、他のモデルが自動巻なのに、デイトナは手巻きの煩わしさもあっていつも店頭に並んでいたとか。あまりの売れなさに値引きも結構していたそうです。私の知人(天下人)は当時海外で「値引きするから3本まとめて買ってくれ」と言われたらしく、3本買って日本に持って帰り、未だに2本は未使用で持っているとか。価格も267,000円と手ごろですので充分ありえる話ですね。

DSCN0864.jpg

コチラは海系のモデルですね。普通に赤サブ、赤シード初期などが並んでいます。サブマリーナー5513で176,000円と、当時の貨幣価値を考慮してもかなりリーズナブルです。

DSCN0865.jpg

さてこの見たこともないカタログですが、知人が言うには恐らく販売店向けの内部資料だそうです。このカタログに添付されている価格表には、標準小売価格だけでなく卸価格まで記載されているのがその根拠だとか。よく見てみると確かに卸値も書いてあります。当時のことをご存知の方は是非コメントなどお寄せ下さい。
では(・ω・)ノ

テーマ : 腕時計
ジャンル : ファッション・ブランド

tag : カタログ



コメントの投稿

非公開コメント

 

こういった昔日の資料は本当に面白いですね。
是非とも卸し価格もアップしてくださいませ!

大変興味深い記事ありがとうございます。
卸価格という設定があるのを初めて
知りました!
貧者は卸価格で購入したいです。。w

Re: タイトルなし

kazuさん、こんにちは!

内部資料っていろんな発見があっておもしろいですよね。
卸価格も含めてサイトのほうにアップしようかなと思っています!

Re: タイトルなし

太郎さん、こんにちは!

私もこんな資料は初めてですね。
しっかりコピーを頂いているので後日アップしようと思います!
でも思ったより安くないですね(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 古き良き時代

匿名さん、おはようございます!

昭和50年・・・私はまだ3歳ですので時計のとの字も知りません(笑)
私が小学生のころにはすでにチプカシが300円ぐらいで売られていましたね。
日本人って小型化や低コスト化はうまいんですが、
ブランド作りが下手なイメージです。

GMTマスターの針についてですが、詳しい記事を書くほどの知識はありません。
かなり短いひと時だけにベンツ針を使っていない時期があったとだけ記憶している程度です(笑)
ちょっと調べてみようかな?
では(・ω・)ノ
カテゴリ
日ロレメンテ情報
9995563OH.png

RQYm9X1382207271.gif
日ロレメンテ記録の記事一覧

情報提供したいという方へ
リンク

このブログをリンクに追加する

リンクに関する事や当ブログへの苦情などはこちらからお願いします。


QR
FC2 Blog Ranking
ファッション・ブランドジャンル
28位

腕時計ジャンル
2位

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
Sponsored link
よく読まれている記事