最新記事

全ての記事を表示する


突撃!隣のオーバーホール!第38話 オイスタークォーツ 17013

894561589564895.jpg

昨日に引き続きオイスタークオーツ17013のO/H情報です。上の写真でいうと右側のシャンパンダイアルになります。1978年製ということで初期出荷と考えて差し支えないかと思います。今回ダイアル交換は行っていないのですが、すでにルミノバ夜光のダイアルに変更されている事から、日ロレでの履歴がしっかり残っている個体ではないでしょうか。

というわけで今回もO氏からの説明文を引用させていただきます。

1987-3.jpg

2号機:♯17013、1978年式、シャンパンダイヤルが元の仕様。(初期生産に近い?)
針及び、ダイヤルは、すでにルミノバ仕様の為、以前オーバーホールに一度は、出している模様。
1号機のダイヤルと比較すると、2号機のシャンパンの色濃度が濃いのですが、ルミノバ仕様で再生産する時に他のモデルのダイヤルと合わせて生産する為、濃い色なのでしょうか?それとも単に焼けているのでしょうか?

情報提供 Oさん
モデル名 オイスタークォーツ
モデルNo. 17013
シリアルNo. 54*****
見積日 2017年6月
取扱店 タカシマヤ ウォッチメゾン
メンテナンス項目 数量 単価 金額
オーバーホール料金 1 43,000 43,000
リューズ交換      
Crown Oyster YGF MONOBLOCK 1 11,000 11,000
チューブ交換      
Tube 1 3,500 3,500
クラスプ用バネ棒交換      
Springbar for clasp 62510H 1 500 500
ブレスレット部品交換      
Tube of The Case 96673 SY 4 500 2,000
ブレスレット部品交換      
Pin of The Case 96673 SY 2 500 1,000
電池交換      
内部部品交換 1 5,000 5,000
小計 66,000
消費税 5,280
合計 71,280

引用ここまで、原文ママ。まずダイアルの色味についてですが、これは仰る通り色味に変化があります。初期のダイアルは非常に色が浅くて淡白なイメージ、ルミノバ以降になると青やシャンパンが濃くなりコントラストが高い感じがします。当時の資料を見ても昔のダイアルは淡白なイメージですので、これは焼けではなく、こういう仕様なのかなと私個人は考えていますが、色合いというのも印刷物やモニター越しにみて分かるものではありませんし、当時を知らない私が言及すること自体ナンセンスかもしれませんね。

あとこの2号機も裏ブタに錆があったようですが、防水検査はクリアしているようです。ウラブタだけなら問題ないのですが、ミドルケース交換となると非常に高額なメンテナンスになる上に、シリアルが変更されてしまうのでギャラ付きの価値がちょっと微妙になってしまうかもしれません。メンテナンスの明細を合わせもっていれば正規ギャラ付きである事は分かると思いますが、イチイチ合わせ技が必要なのはいただけませんよね。

845614895548951.jpg

以上、2本分を連日公開致しました。実に珍しい1人で2本とも同じ時計という面白い情報でした。O氏には感謝感謝です。ありがとうございました。今見積もり中のシルバー、最後にまだ見ぬ青も含めてまた是非情報をご提供ください。4本、4色が並んだ時計ボックスの写真とかだけでも興味があります(笑)
では(・ω・)ノ

突撃!隣のオーバーホール!記事一覧に戻る

請求書を掲載します。内容的には特に問題もなく一般的な交換部品ばかりです。

1978-1.jpg

テーマ : 腕時計
ジャンル : ファッション・ブランド

tag : 突撃!隣のオーバーホール! 17013


[PR]
時計買取.bizなら最大10社の比較査定で最高値を保証
格安ブランド通販ベクトルパーク
プロからも選ばれる時計買取店アンティグランデ

コメントの投稿

非公開コメント

 

色違い文字盤で

同じ時計を所有する。時計ヲタの私は良くわかります^^
昨年末からロレではありませんが手持ち時計を正規OHへ出してます。
先日記事にして頂いたクロノタイムもですが、OH1本=10万前後当たり前のご時世。
5万弱の基本料金で全て賄って欲しいです!
車の車検並で辟易し、時計熱が冷めてますよ(苦笑)

Re: 色違い文字盤で

イワさん、こんばんは!

仰るように時計を買うだけならそこそこ買えるとしても、
増えれば増えるほどそのメンテ費用が凄いことになっていきますよね。
欲しい時計はあるけど、本数が増えるとなあとか考えるとクォーツは結構優秀かもしれません。
あ、オイスタークォーツは日ロレに拘ると機械式より高コストですが(笑)

No title

記事掲載していただき、ありがとうございます。
1号機のブレス交換見積り代金¥300,000-(税抜き)には、さすがにたまげたーです。
シャンパンの色濃度は、やはり変更されているのですね。 トリチウム仕様の色濃度の方が好みです。
仕上がってきて気付いたのですが、ブラックは艶無しの漆黒で、シャンパン及び、シルバーは艶有りです。
ブルーは、どちらなのでしょう?
 3号機の見積もりが、来ました。 針交換は必須らしく、トリチウムダイヤルのままと思いましたが、他の子?がルミノバなので、ルミノバダイヤルに変更発注しました。 残念ながらタッチの差で(どなたか同時に発注した方がいて・・・)、スイス本国発注となり、2~3ヶ月待ちとなります。 ブルーダイヤルは、在庫なしで同様だそうです。 記事投稿まで、しばーーーらくお待ち下さい。

Re: No title

btさん、こんにちは!

この度は貴重な情報を提供して頂きましてありがとうございます!
ダイアルの色味の違いですが、トリチウムだと淡白な青、
ルミノバ以降はギラついた艶々の青といった感じです。
言葉でどれだけ伝わるのか謎ですが(笑)

スイス本国からのダイアル取り寄せについては私は2~3カ月と言われますが、
何事もなければ1カ月で終わっちゃいます(笑)
4色全部揃った姿が早くみたいです!

また懲りずに情報提供してくださいね♪
では(・ω・)ノ
カテゴリ


日ロレメンテ情報
9995563OH.png

RQYm9X1382207271.gif
日ロレメンテ記録の記事一覧

情報提供したいという方へ
リンク

このブログをリンクに追加する

リンクに関する事や当ブログへの苦情などはこちらからお願いします。


QR
FC2 Blog Ranking
ファッション・ブランドジャンル
17位

腕時計ジャンル
1位

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
Sponsored link
よく読まれている記事