最新記事

全ての記事を表示する


ロレックスの神 × 日本古来の神

DSC_0984.jpg

 猛暑猛暑でいやになる毎日です。みなさん水分とってますか~~?さて今日は先日地鎮祭に出席してきたときの様子を、無理やりロレと絡めてお伝えしていきます。普段建築などに絡まない業種の方はご存じないかもしれませんが、何かを建造しようとするときに、その地に以前からいらっしゃる神様や霊に、「ごめんね、いまから建物作るけど怒らないでね^^」と断りを入れるための儀式ですね。

DSC_0980_20130721153412a83.jpg

 オカルティックだと言われるかもしれませんが、いきなり工事を始めて、事故と死人が続出したとかたまにきくじゃないですか。だから先に許可というか、ご報告を差し上げて許してもらっておこうというものです。別名安全祈願祭ともいいますね。さてそれでは式次第を見てみましょう。

 DSC_0977_20130721153410.jpg

地鎮祭には神式、仏式、キリスト式とおそらく宗教の数だけ種類が存在するのだと思います。今回は神式ですから、神主さんがお祓いや祈祷をします。内容を軽く説明しましょう。

一、開式 はじまりはじまり~
一、修祓(しゅばつ) 会場と参列者をお祓いします
一、降神之儀(こうじんのぎ) 神をお招きします
一、献饌(けんせん) お供え物を献上します
一、祝詞奏上(のりとそうじょう) 神主が祝詞を献上します
一、四方祓之儀(しほうはらいのぎ) 建設地の四方を塩で清めます
一、地鎮之儀(ぢちんのぎ) オーナー、設計、施工の三者で最初の杭を打ちます
一、玉串奉奠(たまぐしほうてん) 参列者で玉串を奉納します 二礼二拍手一礼
一、撤饌(てっせん) お供え物を片付けます
一、昇神之儀(しょうしんのぎ) 来て頂いた神にお帰り願います
一、閉式 おつかれさまでした


宗派によってまた違うと思いますが、珍しい地鎮祭があればまたお知らせいたしますね。って時計関係ないですよね。そこで、もちろんコラボを用意しております。

DSC_0978_20130721153411.jpg

この後ろに写っている鎌・クワ・杭は、地鎮之儀で使用するものです。建築主が草を鎌で刈り取り、設計事務所がクワで土地をならし、建設会社が杭を打ちます。ロレックス界の神であるデイトナと地鎮祭のコラボいかがだったでしょうか?大いに無理やり感がありますが、あまり細かいことを気にするとハゲますので今日はこのへんで。

テーマ : 腕時計
ジャンル : ファッション・ブランド

tag : デイトナ 116520 コラボ 雑談



コメントの投稿

非公開コメント

 

えーすころころ様

こんにちわ!

地鎮祭、テレビなどでは見た事が有りますが、実際にはありませんね。

なんとなーく建造物を建てる前のお祓い(厄除け)かとは感じておりました。

流石に神聖な場所ですから、ロレとのコラボは多数撮れないとは思いますが、デイトナとのコラボ素敵です。

私もいつかは・・・。

プラチナオレンジ様

こんにちは~^^

ファーストコメありがとうございます^^もちろん式典自体神聖なものですから、始まる前と終わったあとに撮影しました。こちらは保育園を今から建替えるのですが、子供たちを見てると本当にかわいいです。子供たちが安心して過ごせる園舎を作らなければなりません。責任も重いですが、やりがいもあって楽しい仕事ですよ^^

40歳記念のデイトナの写真をお待ちしております。ではまた~^^

えーすころころ様

こんにちは。

いやいや非常に貴重なショットでは有りませんか。

施主にならない限りはこの様な地鎮祭に出席する事など有りませんからね。

新築マンションの入居では関係ありませんしね(笑)

困った時の神頼みでは有りませんが、神道精神は大切でしょう。

昔はどこに家にも神棚がありましたし、企業にもありましたね。

会社オーナーや経営者がお年を召した方ですと、今でも神前拝礼を毎朝行っているでしょうね。

祖父の家にも有ったなぁ。。。

今はなかなか見ることも少なくなりましたね。


ロレ卿の詩様

こんにちは~^^

そうですね、マンション購入では見ることは出来ませんねw仏様にしろ神様にしろ、昔はなにかにつけてお参りだ、お祈りだと信心深い人が多かったですが、最近は本当に世知辛くなりました。おかげでお寺も檀家がへってしまって経営が成り立たないところもあるようですね。

かくゆう私もあまり信心深いほうではありませんが、こういった神事はきちんと参加します。心の底から工事中の安全を神様に祈るためではありませんが、やはりこういった儀式は、全員が安全を意識する、安全の大事さに気付くためのきっかけであると思っております。

神様はいてもいなくてもいいのです、皆が安全の大事さに気付いてくれれば、その意識こそが神様なのかもしれませんね。

くどくなりましたwではまたー^^

えーすころころ様

 こんばんわ。
 地鎮祭は、建主にならないと経験することはないですが、更地に竹と縄で祭ってある様子はたまに見ますね。
 私が子供のころは、建前でお菓子、餅、お金などをまくのが楽しみだったのですが、今はほとんど遭遇することはないというか、やらないのでしょう。
 35年前、実家の建前で2階から撒いたのは貴重な経験で、もう経験できないでしょうね。
 昨年、住宅メーカーの工場見学会で、模擬建前をやったのですが、子供は初めての経験で、私も何十年ぶりの経験をし楽しかったです。大人は子供の後ろで、撒かれるお菓子も子供より少ないのですが、燃えましたね。レジ袋1つ分くらい拾いました。

ラスト様

こんばんは~^^

ありましたね~お持ちの中に小銭が入っていました。棟上げが終わるとだいたい屋根の上から撒くんですよね。近所の子供達や住人があつまって、その家の新築を祝ったものです。いまでは地域コミュニティが崩れ去りましたのでこのような光景は見ることが出来ません。たまにイベントとしてやるところもあるようですが・・・

おや、最近あったのですね。お子さんも喜んだことでしょう。今ではお菓子を投げるんですね。昔はお餅やおひねりでしたね。地域のコミュニティなんかうざったいという方も多いでしょうが、いいところもあるんですよね。なんにせよ世知辛い世の中です。

ではまた~^^

えーすころころ様

おはようございます。

きのうはブロともメールちゃんととどいておりましたよ~

所要の処理をお願いします~

さて、地鎮祭ですか・・・

単語では聞きますが、このようにちゃんと次第まで紹介いただくのは初めてかもしれません。

大変参考になります。

私はコッテコテの事務屋でして、今までほとんど知らなかったのですが、建物を建てる前にはこうした催しが行われているというのを認識できたのは貴重ですね。

厳かな雰囲気にもデイトナはマッチすることもわかり、二度美味しかったです(笑)

ではまたーーーー!!!

さいもん様

こんにちは~^^

件の処理といいますか、本日何とか時間を作って行こうと思っております。この件はまた改めて^^

さいもん様は事務方なんですね~普段絡むことのない業種でも普通に情報交換が出来るネットはなかなか面白いツールですよね。しかし、このブログは時計がテーマなんですが、雑学の方が多いという、変なブログになりつつありますw正直、時計のことなんか皆さんの方が詳しいぐらいですし、何も改まって教えてもらうこともないでしょう。それよりも無理やりにでも時計を絡めた雑学の方が、読んでいて面白いのかもしれませんねw

しょーもないブログですが今後ともよろしくです。ではまた~^^

えーすころころ様

この記事いいですよね~

自分も地べた絡みの仕事もするので若干の知識がありましたが、詳細に知ったのはお初でした。

コピペぢゃなくて自作ですか??

大変勉強になりました。

さて、えーすさんはエンジニアなのでしょうか。

モノを造る仕事は、後世に建造物として残るのでやりがいがありますよね~

自分は、さいもんさんと同様コッテコテの事務屋なので、そういう意味ではウラヤマシスですよ!!

様々な宗教の数だけあるとの事で今後は、モルモン教とかゾロアスター教等々、日本に馴染みの薄い宗教の地鎮祭があれば是非レポお願いします(笑)

最後にイタリアーナ×キング良かったですよ!

ではまたーーーーー

モラール様

こんばんは~^^
いつも楽しい記事を読ませてもらっております。

って失礼なwコピペじゃないっすよwwwwちゃんと式次第もって帰ってきて自分でタイプしました!おっとモラール様も事務方なのですね。私も事務方になりたいときありますよ。人間って無いものねだりですから、人がうらやましく思えるときはありますよね。まあでもうちは設計ですが、これはこれでやりがいのある仕事です。その分責任も重いのでその反動か、ネットではかなりふざけたヤツになっておりますw

あと、宗教ですが、日本に拝火教の方っていらっしゃるんですかねwwwもしそういったケースに遭遇したときはしっかりとレポートさせていただきますw

ではまた~^^
カテゴリ
日ロレメンテ情報
9995563OH.png

RQYm9X1382207271.gif
日ロレメンテ記録の記事一覧

情報提供したいという方へ
リンク

このブログをリンクに追加する

リンクに関する事や当ブログへの苦情などはこちらからお願いします。


QR
FC2 Blog Ranking
ファッション・ブランドジャンル
20位

腕時計ジャンル
2位

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
Sponsored link
よく読まれている記事