最新記事

全ての記事を表示する


シースルーケースバック(インストール編)

IMG_1652.jpg

今日は時計を工房に持ち込みました。こちらは福岡にあるとある時計工房。やみくもにいろんな工房へ連絡をしておりましたら、とある工房からいいお返事を頂きました。ただしこれには条件があり、社外品の取り付けを手助けしたとブログなどで公開すると、工房のイメージダウンにつながるので、一切の公開を控えて欲しいというものでした。

こちらの工房は100%純正を売りにしており、長い歴史もお持ちです。こういった拘りがあるからこそ、長い間信頼され、また工房を続けることが出来たと言えます。この職人魂とも呼べるほどのこだわりには頭が下がる思いです。

作業自体はものの15分ぐらいだったでしょうか。裏蓋をハズシ、パッキンなどを交換して、オイルをぬり、再度ふたを閉めるという作業です。熟練された方には造作もないことでしょう。

というわけで出来上がりました!こちらです。

IMG_1653.jpg

私のような素人にはムーブメントを直接見る機会はなかなかございません。最初見たときはしばし見とれてしまいましたよ!

IMG_1655.jpg

やはりロレックスデザインタイプにして正解だったと思います!この細かい溝?見てると純正のようにすら見えてきます。

IMG_1656.jpg

ローターをいろいろと動かしてみましょう。この角度が一番楽しいですよ。テンプ?が忙しく動いております。

IMG_1659.jpg

クルクルと軽快に回ります。見ていて飽きませんよ~

IMG_1657.jpg

いろいろと書いてあります。誰も見ないところにこんなに書き込まなくてもいい気がしますが(笑)

IMG_1660.jpg

Cal.4130の文字が見えますね。ローターに弧を描くようにスリットが入っているのですが、これって丁度文字のところなんですよね。ローターに邪魔されず文字を読めるようになっています。裏スケにする予定だったんですか?(笑)

IMG_1664.jpg

さて如何だったでしょうか?シースルーケースバックは意外と簡単に購入でき、意外と簡単にインストールできました。インストールは自力でないにしても、装着してくれる工房さえ見つかれば、特に難しい作業でもありません。日本のカスタム界の捨石になる覚悟で人柱となりました。皆様がカスタムに踏み出す第一歩の手助けになればいいなあと思っております。無駄に長いシリーズでしたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

尚、今回同時購入した、16613用のケースバックはしばらく使用するつもりはございません。ちょっと様子見ですね。

さて、工房でつけてもらったあと、移転直前のJFKさんを強襲してきました!店内の様子など撮影もさせていただきましたので週末は「移転間近のJFKさんを強襲してきました!」をお送りいたします。お楽しみに!



テーマ : 腕時計
ジャンル : ファッション・ブランド

tag : カスタム シースルーケースバック 海外 動画 116520 デイトナ スケルトン



コメントの投稿

非公開コメント

 

えーす様

こんにちは!
遂に大作が完結しましたね。^ - ^
いや〜見れば見るほどイイですねぇ〜。(*'.'*)
ちなみになんですが、工房での工賃は如何程だったのでしょうか?
参考までにご教示頂けると幸いです!
えーす特攻隊長に続けとばかりに気合いだけは入っておりますが、地道に施工業者を捜索します…涙

完結編お疲れさまでした!
なかなかロレックスのキャリバーは見ることないですからね。

裏見れば真偽判定すぐ出来ますね!
知らない人に”これ本物?”と言われたら裏を見せれば良いですね(笑)

むらあつ様

こんにちは~^^

すみませんね、長々とシリーズ化してしまいました。私もチェンジしてからはデイトナばかりはめておりますよ(笑)工賃についてですが、非常に参考にならず申し訳ないのですが、ご好意と、防水の保証などが出来ないので金は要らないと言われました。以前に利用したことのある工房さんでしたので、大変良くしていただきました。

お役に立てずもうしわけない^^;

きょん様

こんにちは~^^

さすがに本物?ってきかれた事はありませんが、裏を見せた瞬間に、「裏スケのロレックスとかないでしょ(笑)」などといわれそうです(笑)まあ別に人にどう思われようが構いませんがね・・・

無駄にネタを引っ張りまして、やっと本日完結致しました!クロノグラフを動かしたときのリクエストも頂きましたので、今後はプロパガンダ編で良さをお伝えしていこうかと思っております。

別にどこの商品でもいいとは思いますが、きょん様も是非トライしてみてくださいね!ではまたー^^

えーす様

こんばんは~^^

おっ、おおっ、ついにシースルーバックケースの全容が明らかになりましたね!?

いやぁ~、理屈抜きにカッチョイイではありませんか!?

ロレックスの悲願であった自社によるクロノグラフムーヴメントであるCal.4130が毎日拝めるなんて羨まし過ぎますよ!

私だったら、ムーヴメントを眺めながらストゼロ35缶2本は逝けますね(笑)

いずれにしましても、今回の施術はコストパフォーマンス的にも大成功ではなかったでしょうか?

また、「カスタム系」という、えーす様の「看板カテゴリ」も確立された訳ですし・・・

いいことだらけのカスタムでしたね。

ではまた~^^

さいもん様

こんばんは~^^

Cal.4130はデザイン的にも裏スケに向いてますよね。毎日眺めてニヤニヤしておりますよ(笑)今のところSSSもかましておりますが、時計内部での曇りなども一切ありません。手洗い程度であれば、日常生活防水ですから、この程度で浸水してもらっても困りますが(笑)

カスタム系ロレブログという位置づけなんですかね。日本ではカスタムは人気ありませんので、不人気ブログになりそうな予感がしてまいりました(笑)うれしいやら困ったやら・・・・

ではまたー^^

えーすさん

「日本のカスタム界の捨石になる覚悟で人柱となりました。」とは、なんと志が高い!!!

なんせキングは100諭吉オーバーですからね。スバラシスですよ~

しかし、理屈抜きでカッチョイイですね(^o^)

しつこいですが実物見てみたいッス(笑)

自分の場合は、ドイツにオーダーするだけで断念~ですが(爆)

どなたか追随されて、他モデルの裏スケも拝見したいですね。(完全に他力本願ですが(笑))

モラールさん

こんばんは~^^

あとに誰も追随してこなくても、まだまだいきますよ(笑)次も模索中ですが、パーツの入手が厳しいです><まあそのためにまだ調べないといけないことが山のように・・・・

プライベートでちょっと今月いっぱいは問題がありますので来月辺りからまた飛ばしていきたいところですね。あまり愚痴っても何にもありませんね(笑)

他のモデルですかぁ。誰か買わないかなあ(笑)モラールさんもいきましょうよ、手伝いますから(笑)

ではまたー^^

えーす様

こんばんは!

をを!とうとう、シースルーバック完成ですね!
おめでとうございます!

僕も、SBの時計を所有していますが、見ていて、楽しいですよね!

でも、デイトナは、また違いますね!
何か、まるで心臓のようですね!!素敵だと思います♪

えーす様

こんばんは(^^)

流石は、九州の雄!

カスタムの啓蒙のために、自ら実践されたのですね。

なかなか出来る事ではございませんよ(驚)

えーす様のお陰で、ロレックス、しかもキングのムーブメントを、ジックリと拝見する事が出来ました!!

ムラサブのシースルーでございますか…
私には、まだまだ、漢前のマインドは、持ち合わせていない様ですね^^;

JFKさんの移転記事が、非常に楽しみですよ(^ー^)ノ

では〜明日〜(^^)

たろう様

こんばんは~^^

そうですね、やっと完成したなあと言う感じです。商品を待っている間がながくかんじました(笑)実際にはロレに関してはSB用の草食は施されていませんので、地味と言えば地味ですが、だからこそのカスタムですし、非常に満足しております。やはりオフ会などでも、なかなか被らないと言う意味ではイバリが聞くアイテムになった気がしますね(笑)

みんなこうやってレアものに走り出すだすのでしょうね・・・・ではまたー^^

らぶろれ様

こんばんは~^^

ごめんなさい、ちょっと言い過ぎましたね。実際には自分でカスタムと言うものを楽しみたかったのが一番の理由です(笑)細かく記事にしたのは、みなさんがやりやすいようにと思って記事にしました。ですのでそんなに高尚なものでもありませんね。ましてや九州の雄など(笑)

そうですか~スケスケムラサブはダメですか~;;みなさん車などもっと高価なのにカスタムするんですよね・・・でもデイトナって100万ですよね。でもやらない。やはりこれは資産価値が落ちやすい車だからいいやってことですかねぇ・・・失敗してもどうせ3,4年で買い換えるという考えが、敷居を下げているのかもしれませんね。

だれかやらないかなぁ・・・ではまた~^^
カテゴリ
日ロレメンテ情報
9995563OH.png

RQYm9X1382207271.gif
日ロレメンテ記録の記事一覧

情報提供したいという方へ
リンク

このブログをリンクに追加する

リンクに関する事や当ブログへの苦情などはこちらからお願いします。


QR
FC2 Blog Ranking
ファッション・ブランドジャンル
28位

腕時計ジャンル
2位

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
Sponsored link
よく読まれている記事