最新記事

全ての記事を表示する


最近思うこと。

最近のニュースを見て心を痛めていることがあります。それは親の子殺しについてです。同じ子供を持つ親として残酷なニュースをみて悲しく、残念な気持ちになります。奪われたその小さな命は一体何のために生れてきたのか。最も依存している相手である親からの仕打ちによって、死ぬ間際に味わったであろう恐怖、痛み、孤独、絶望などを考えると胸が張り裂けんばかりです。少しでもこんな事件が減ってくれることを祈念しまして今日の記事を書きました。

8645184651.jpg

非常に重いテーマですが、メディアが決して語らない論調で今日は行きたいと思います。この親の子殺しについて多くみられるのは、育児ノイローゼによるものや、継子がターゲットになるケース等だろうと思います。

89456148561.jpg

まずは育児ノイローゼについてちょっと掘り下げてみようかなと思います。生物は種の保存を最優先するという定説がありますが、実は非常にドライな本能がありまして、何よりも子供を優先するわけではないんですね。人間をはじめ他の動物においても、繁殖自体は何度もできます。もちろん年齢などによりそれが困難になることはありますが、チャンスは1回ではありませんので”やり直し”が効くんです。そのため子供よりも自己を優先するという行動が結構見られるそうです。

894584562165.jpg

上の写真はうちで飼育している ラビドクロミス・カエルレウスですが、これを例に挙げてみましょう。子育てをしている親個体に強い外的ストレスを与え続けると子供を殺し、子育てをやり直そうとする動物が多いのですね。しかもその行動は、繁殖の機会がまだ多いであろう若い個体に多いわけです。老いた個体になると子育てやストレスの扱いにも熟練しているようで、うまくストレスを回避しながら子育てを続行するケースが多いとか。この辺はどこか人間にも通じる所があるような気もしますね。

さらに、子育てよりも繁殖を優先する動物も多いですね。繁殖時期になると育児を放棄する動物もいます。悲しいかなこの辺も人間に通じる所があるようです。

一般的に言う、理性のある人間界ではこの行動はタブーとなっているように思いますが、人間も一皮むけば本能が剥き出しになってしまいます。人間も所詮は知能の高い動物でしかありませんから、本能を押さえこめる人もいれば、薄皮一枚の人もいます。育児ノイローゼなど今自分が患っていないというだけで、いつ自分がその立場になるのかわかりません。やはり思いつめる前に、難しいかもしれませんが自分なりに抜いておくのが大事なのかもしれませんね。

84561284561.jpg

次に継子についてですが、これはライオンなどに多く見られる現象で、自分以外の雄が残した遺伝子を抹殺するという極めて本能的な行動になります。動物としては極めて当然の行為で、種の保存を目的としている遺伝子からすれば、正当な行為であると言えます。

ですが、これももちろん人間界ではタブーですね。モラル的にも法的にもアウトです。ですが人間とはかくも弱い存在で、いとも簡単に本能がむき出しになってしまうのです。このことを念頭に置いて、普段からストレスのコントロールをすることが肝要でしょう。ストレスのコントロールについてはやはり趣味が一つの大きなファクターであると言えます。

NG.jpg

以上、昨今の社会問題から時計をはじめとする趣味についての正当性を主張してみました。屁理屈だとは思いますが、屁理屈もまた理屈です。私のブログを読んでいるぐらいですから、皆様の趣味の一つに時計もあるでしょう。今日は日曜日。今日は気分を変えてお子さんと一緒に時計屋巡りでもしてみませんか?

8495628462856.jpg

テーマ : 腕時計
ジャンル : ファッション・ブランド

tag : 雑談



カテゴリ
日ロレメンテ情報
9995563OH.png

RQYm9X1382207271.gif
日ロレメンテ記録の記事一覧

情報提供したいという方へ
リンク

このブログをリンクに追加する

リンクに関する事や当ブログへの苦情などはこちらからお願いします。


QR
FC2 Blog Ranking
ファッション・ブランドジャンル
28位

腕時計ジャンル
2位

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
Sponsored link
よく読まれている記事