最新記事

全ての記事を表示する


ラバーベルトの素材について(後編)

P1020221.jpg

というわけで今日は昨日の続きです。早速BC社のイタリアンラバーが届きました。触ってみた感じ、まさに想像通りのクオリティです。ちょっとバニラの匂いが強いですがまあいいでしょう。

P1020225.jpg

さて早速交換をしていきます。クラスプはやはりクオリティ的に使えません。本当は純正を使いたいのをグッとこらえて右に写っている黒いバタフライ型を使用します。

P1020228.jpg

とここで思わぬ誤算が。このクラスプ20mm用なんです。でもこのラバーは交換前とは違って、時計側とクラスプ側で幅が変わっています。時計側が20mm、クラスプ側は18mmです。ということは・・・2mmの隙間が出来ることになります。細かいことは気にしません・・・いやここは気にしておくべきか(笑)今日本に空輸されている最中の、シンガポールで頼んだのも20mm用クラスプです。18mm用クラスプは来年にでも購入することにしましょう(笑)

では早速取り付けを・・・・・・・・・・




あれ?



おかしいな・・・・・・




付かない!またこれかorz


でも今回はもうくじけません!2000番の耐水ペーパーを用意!消しゴムを使う感じで根元を削っていきます。

P1020232.jpg

というわけで何とか取り付け完了です!多少細くはしましたが、脱落するようなことはないでしょう。

P1020236.jpg

ラバーベルトをカッターで切断してサイズ調整もバッチリです。ちょっと接合部をアップにしてみましょう。

P1020243.jpg

すこ~し甘いところもありますが、まあいいでしょう!このラバーベルトはリバーシブルですから飽きたら裏返して楽しめます。質感も良く、汚れも付きづらいのでかなり満足しています。今年の夏はこのラバーで決まりですね!あ、でもクラスプ頼んでいるので、それを取り付けて一連のベルト交換劇を終わりたいと思います。

ではまたクラスプが到着したら記事にしたいと思います。


テーマ : 腕時計
ジャンル : ファッション・ブランド

tag : カスタム デイトナ ラバーベルト



カテゴリ
日ロレメンテ情報
9995563OH.png

RQYm9X1382207271.gif
日ロレメンテ記録の記事一覧

情報提供したいという方へ
リンク

このブログをリンクに追加する

リンクに関する事や当ブログへの苦情などはこちらからお願いします。


QR
FC2 Blog Ranking
ファッション・ブランドジャンル
26位

腕時計ジャンル
2位

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
Sponsored link
よく読まれている記事