POST

ロレックスの2018年用カタログを読み解く!

  28, 2017 20:55

DSCN1111.jpg

少々更新が滞りました。先日貰った2018年のカタログの内容を見てみます。ただのカタログですがいろんな発見もありますし、漠然とページをめくるだけなのは勿体無いですよね。と言うわけでまずはスカイドゥエラーから。

DSCN1103.jpg

2017年の新作でも一つの目玉だったかと思います。興味があるとか、購入対象になるとかそういう問題ではなく、一部ホワイトゴールドを使ってるとはいえ、ステンレスケースにスカイドゥエラーを使ってきたというところがポイントだと思います。なんのポイントかはご想像にお任せしますが(笑)

今までが無垢のみの展開でしたから、価格が一気にお手ごろになってきました。無垢で400万円弱だったのが150万円を切るびっくりプライスです。並行で国内に入ってきたら120万円台ぐらいかな?実際に狙う人も増えそうですが、ヘッドが重いモデルですからステンレスの軽さでバランスが取れるのかな~などと老婆心を抱いております。

DSCN1107.jpg

次に余り興味がないのかもしれませんが、レディサイズのデイトジャストが26mmと28mmの展開から、28mmのみになっているようです。去年のカタログまではレディデイトジャスト26として掲載されていました。公式サイトを確認しましたがコチラからも掲載はなくなっています。上の写真は左が去年の価格表、右が今年の価格表です。26mmが掲載されていないことが確認できるかと思います。どうでもいい個人的な話ですが、妻に買ってあげた179173もディスコンとなるかもですので、ちょっぴりオセンチになってしまいますね;;

ちなみにREF.Noは26mmが17917xで28mmが27917xとなります。一番最初の数字が1から2になるだけなので覚えやすいですね。そもそもモデルを数字で覚えること自体がナンセンスな気もしますが、マニア同士での会話ではほとんど数字でのやり取りになるのでそこそこ重要です(笑)

DSCN1047.jpg

さてプロフェッショナルモデルですが・・・特に何もありません。新作はちゃんと掲載されているし、カタログ落ちを疑うようなモデルもないです。ミルガウスの白黒など復活を果たしたようなダイアルもありませんし、ヨットマスターロレジウム116622のプラチナとブルーダイアルも見当たりません。

というわけで最後にチェリーニ。毎年確実に新作が登場するチェリーニですが、今年はムーンフェイズでした。そういえばロレックスはビッグデイトの特許も取っていましたね。来年ぐらいにムーンフェイズ+ビッグデイトなどが登場するかもしれませんね。
では(・ω・)ノ

Tag:カタログ

Comment 2

ハイドロノート  

おはようございます。

私は手持ちの5桁デイトナに新作のラバーをどうにか着けれないか思案中でつ。

ダメだったらチュードルのラバーを移植します。ガバガバ....爆

Edit | Reply | 
えーす  

Re: タイトルなし

ハイドロノートさん、おはようございます!

チュードルのラバー移植はお勧めできません。
Dバックルが合わないし(笑)

Edit | Reply |