POST

突撃!隣のオーバーホール!番外編 パテックフィリップ ノーチラス クォーツ

  29, 2018 09:00
789456125845612894561845.jpg

今年も3月の終わり、年度末が近付いておりまして、毎日忙しく過ごされている方も多いかと思います。今日のオーバーホール情報はロレックスではなく番外編になります。お時計はパテックフィリップ・ノーチラス・クォーツです。情報提供をしていただいたのはあのbtさんです。QO4本、ロイヤルオークに続いて度々の情報提供ありがとうございます!それにしてもオイスタークォーツ4本、ロイヤルオーク、そして今回のノーチラスと全てクォーツです。スイス高級クォーツコレクターでも目指しておられるのでしょうか(笑)

今回も気合いの入ったO/Hの経緯、内容の説明をいただいております。そちらをほぼそのまま掲載したいと思います。多忙な私の事を思っていただきましてありがとうございます(笑)

<引用ここから>
スイス製クォーツシリーズの第2弾の報告です。パテックフィリップ・ノーチラス・クォーツ SS/YG #3900 ネイビーダイヤル ケース外径 32mm、厚さ 7.3mm、1990年代前期頃の物です。南青山スフィア・パテックフィリップ東京へ1月中旬に持ち込み、3月中旬に完成。代金の支払いは、引き取り時でOK。APと違ってホッとしました。

1894561248561254856185.jpg

外装は、購入ショップで既にライトポリッシュ済みでしたが、ケース本体6時の所に引っかき傷が有り、ケースのみ再研磨と、ダイヤルがトリチウム夜光で、黄ばみが目立つ為、時分針及びダイヤル交換を希望しましたが、ダイヤル交換については、担当時計師の判断で交換が必要と認められた場合にだけ適用する。との事で、見積りを待ちました。

結果は、添付ファイルを御覧の通り、ダイヤル交換は無しとなっています。実は、上記の理由で無しになったのではなく、見積書の返事をした時に、「ユーザー様からの御希望であればダイヤル交換も、可能です。」との回答が有り、価格を聞いてたまげました!ダイヤル代金 ¥262,440- ですって!奥さんどうします?もちろん、丁重にお断りして、他の部分のみで発注しました。 OQやAPのダイヤル代金と同等かなと想定していたのですが、さすが王者PP!推定ですが、バーインデックスの素材が18Kで仕上げてあるのではないかと思われます。クォーツでも妥協を許さないポリシーに恐れ入りました。

289456184564895.jpg

仕上がり具合は、ダイヤルが以前のままなので、あまり変わり映えはしませんが、クリーニングのおかげでダイヤルがくっきり見えるようになり、ベゼルも研磨のおかげでサテン模様がきれいに出るようになりました。ケース裏面のカスタマーサービスのシールを剥がすという、新品をおろす様な演出で、オーナー心をくすぐります。電池交換は、ブティック及び、サービスカウンターどちらでも受け付けしますが、預入して精度及び、防水検査パッキン交換が必須で、納期1ヶ月。担当者談「クォーツムーブメントも自社生産しており、修理をお断りする様な事は、ございませんので、今後も安心して末永くお使い下さい。」だそうです。スイスのどこかのメーカーに聞かしてやりたいです。

おまけで、パテックフィリップ・インターナショナルマガジン無料定期購読(年2冊)の申し込み書をいただきました。イギリスに有るユーザー管理部門へ、ムーブメントナンバーを登録して恥ずかしながらPPオーナーです。今回のO.V.Hは、時分針交換込みでの代金でしたが、良心的な気がします。ただ、ケース及びブレスレット研磨を追加するとなると、気持ち高い様な・・・。 

3894561854618456.jpg

添付の料金表を参考に、機械式となると、天井知らずの料金を覚悟しなければなりません。PPを所有するという事は、AP以上に納期時間を気にせず、付帯する費用も十分用意出来る方でないととつくづく感じました。APと同様に街の工房へ出さずに、常にサービスカウンターへ堂々と気張って出入りしたいものです。王者PPのデザイン、装着感、人気度、資産価値、アフターサービス・・・AP以上に崇めなければなりませんが価値は十分にありそうです。

さて、番外編 第2弾 いかがだったでしょうか? 続いて第3弾、どうぞご期待下さい。
bt より。  
<引用ここまで>

情報提供 btさん
モデル名 ノーチラスクォーツ
モデルNo. 3900
シリアルNo.  
見積日 2018年2月
取扱店 スフィア パテックフィリップ ブティック TOKYO

メンテナンス項目 数量 単価 金額
オーバーホール 1 73,000 73,000
ケース仕上げ 1 25,000 25,000
時分針 1 0 0
秒針 1 0 0
小計 98,000
送付手数料  
消費税 7,840
合計 105,840


いやはや恐れ入りました。この紹介分を読んでPPは所有する事よりも維持する事が大変だなと改めて感じさせられます。APのO/Hですらビビっている自分には無理な世界だなと(笑) ダイアル交換だけで243,000円(税抜)というのもかなり強気な設定ですよね。インデックスを18K仕上げにしてもここまで高くはならないでしょう。ブランド料というモヤモヤしたよくわからない物に金を払う世界に片足突っ込んでいる自分に気づかされます。

しかしながらオーバーホール内容については3伸の交換費用も込みで73000円の基本料金は比較的控えめですよね。もちろん機械式、しかもコンプリケーションなどは笑える金額になっています。メンテナンス費用の一覧をいただいていますが、こちらは別途記事にしたいと思います。なぜか?それだけ面白いからというのが理由です(笑)

他にも見積もりキャンセル料というのが面白いですね。日本では何の業界でも”見積もりはタダ”という非常識がまかり通っています。本来見積もりは有料にすべきなんですよ。見積もりをするということは、何の作業、何のパーツが必要かという積算の作業が必要になります。それを無料にしたりするから社員がサビ残を強要され…こういう話はこの辺にしておきましょう。つまり、こういうキャンセル料という小さな事からもPP社の毅然とした姿勢が見えますよね。分かりやすく一言で言うと「退かぬ、媚びぬ、顧みぬ」ということになりますでしょうか。

話の順序が前後します。このノーチラス3900は私も一時期探した事がありますが、モノが無い!腕の太い私が32mmを付けてどうするんだというのは置いといて、PPオーナーになりたい!と思った時期が私にもありまして・・・クォーツのノーチラスなら買える!と思ったのがその理由でした。ですがものはないし、出てきても高い。SSノーチの高騰に引きずられてあれよあれよと高騰しました。もう買えません(笑)

ブルーとイエローゴールドの組み合わせがとても妖艶なノーチラス。ちょっとうらやましい一本でした!この度は情報提供頂きましてありがとうございました。bt氏に重ね重ねお礼申し上げます。

では(・ω・)ノ

突撃!隣のオーバーホール!記事一覧に戻る

こちらに見積書と請求書を掲載しておきます。

8945618456148561485.jpg

8945684562845616485.jpg

Tag:突撃!隣のオーバーホール!

Comment 4

bt  

No title

月末、年度末のところ、迅速な記事UPありがとうございます。
私は、腕が細いので装着感抜群です。
発売当初は、ボーイズサイズだったのでしょうが、購入ショップでも、レディースコーナーに飾ってあり、デカ厚ブームの今、おじさんが装着すると違和感があるかもしれませんね。

Edit | Reply | 
えーす  

Re: No title

btさん、こんにちは!

いつも情報提供ありがとうございます!
最近は36mmぐらいでもレディースと言われる時代ですよね。
同じ32mmでもポロシャツに着けるのとスーツに合わせるのでは随分と印象が変わるのも面白いです。
引き続き明日もbtさんの情報提供による記事ですのでよろしくおねがいします。
では(・ω・)ノ

Edit | Reply | 
-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
えーす  

Re: ふと思った事

匿名さん、おはようございます!

昔のO/H費用についてですが、80年代のロレックスで2~3万円の間だった記憶があります。
その頃は結構いろんな融通を利かせてくれていたとも聞いた事がありますね。
70年代といえばまだ日ロレが無い頃ですから、またかなり違っていたのかな。
キャンセル料もそうですが、さすがPP様というしかないですね(笑)

Edit | Reply |